先頭に戻る

トリプルPCI Express、ホットプラグコントローラ

業界初、基板スペースとコストを節約する、トリプルPCI Expressホットプラグコントローラ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • PCIe準拠
  • 3つのPCIeスロットの12V、3.3V、および3.3V (補助)をホットスワップ
  • 補助電源レイル用のパワーMOSFET内蔵
  • di/dtおよびdV/dtを制御
  • アクティブな電流制限によって過電流/短絡状態から保護
  • プログラマブルな電流制限タイムアウト
  • プログラマブルなパワーオンリセット(POR)付きアクティブローPWRGD信号出力(デフォルト160ms)
  • 過電流または温度過昇フォルト発生後にラッチ付きアクティブローFAULT信号出力
  • 4msデバウンス付きのアテンションスイッチ入力/出力
  • 存在検出入力
  • 強制オン入力により試験/デバッグを円滑化
  • サーマルシャットダウン
  • SMBusを通じてI/Oエキスパンダを制御可能

アプリケーション/用途

  • デスクトップ/モバイルサーバプラットフォーム
  • 組込みデバイス
  • サーバ
  • ワークステーション

説明

トリプルホットプラグコントローラのMAX5957/MAX5958は、PCI Express (PCIe)®アプリケーション用に設計されています。これらのデバイスは、3つのPCIeスロットの12V、3.3V、および3.3V (補助)の各電源のホットプラグ制御を備えています。MAX5957/MAX5958のロジック入力/出力によって、システムホットプラグ管理コントローラと直接インタフェースするか、またはSMBus™を通じてMAX7313などの外付けI/Oエキスパンダとインタフェースすることができます。デバウンスされたアテンションスイッチと存在検出信号が内蔵されているため、システム設計が簡素化されます。

MAX5957/MAX5958は、6つの外付けnチャネルMOSFETを駆動し、12Vおよび3.3Vのメイン出力を制御します。3.3Vの補助出力は、0.2ΩのnチャネルMOSFETを通じて制御されます。内蔵チャージポンプは12V出力用のゲート駆動を供給します。3.3V出力用のゲート駆動は、各3.3Vメイン電源レイルより高い5.5Vにクランプされた12Vの入力電源によって駆動されます。3.3Vの補助出力は、個別のチャージポンプを持つメイン出力から完全に独立しています。

起動時に、MAX5957/MAX5958は、電源が各低電圧ロックアウト(UVLO)スレッショルドを上回るまで、すべてのMOSFET (内部および外付け)をオフ状態に維持します。ターンオンコマンド時、MAX5957/MAX5958は電源突入電流を制限するために一定のゲート電流で外付けおよび内部MOSFETを緩やかにエンハンスします。

MAX5957/MAX5958は、全出力を常時保護するために電流をアクティブに制限し、過電流状態が発生するとシャットダウンします。過電流フォルト状態が発生すると、MAX5957L/MAX5958Lはラッチオフされ、他方、MAX5957A/MAX5958Aは再起動時間遅延が経過すると自動的に再起動します。MAX5957/MAX5958は、ラッチオフバージョンまたは自動再起動バージョンで提供されます(フルデータシートの「Selector Guide (選択ガイド)」を参照)。

MAX5957/MAX5958は、56ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX5957、MAX5958:標準アプリケーション回路 MAX5957、MAX5958:標準アプリケーション回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。