MAX1959EVKIT

MAX1958、MAX1959の評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX1958/MAX1959の評価キットは、ヘテロ接合バイポーラトランジスタパワーアンプ(HBT PA)での使用に最適なアプリケーション回路を実証します。MAX1958/MAX1959アプリケーション回路は、800mA DC-DCステップダウンコンバータ、オペアンプ、および高精度温度センサを搭載しています。

高効率、ダイナミック可変、パルス幅変調(PWM)、DC-DCステップダウンコンバータは、N-CDMA/W-CDMA携帯電話のヘテロ接合バイポーラトランジスタパワーアンプへの電源供給に最適化されています。1MHzの高いPWMスイッチング周波数により、小型外付け部品を使用することができ、パルススキップモードにより自己消費電流を軽負荷で190µAに低減します。ステップダウンレギュレータはダイナミックに制御され、0.75V~3.4V (MAX1958)および1V~3.6V (MAX1959)の範囲にある固定出力電圧を供給します。DC-DCコンバータは低オン抵抗内蔵MOSFETスイッチと同期整流器を使用し、効率の最大化と外付け部品点数の最小化を実現します。

内蔵オペアンプは、パワーアンプをバイアス完全制御し、効率を最大にします。アンプはレイルトゥレイル入力/出力機能、800kHz利得帯域幅積、および120dBオープンループ電圧利得特性を備えています。アンプのその他の機能は、シャットダウンモード時のアクティブ出力放電です。

高精度温度センサは-40℃~+125℃間の温度を測定します。

この完全試験済みEVキットには、MAX1958 ICが実装されています。MAX1959は同じピン配置を備え、この基板上で評価することができます。MAX1959を評価するには、このEVキットの請求時にMAX1959の無料サンプルを請求してください。

主な特長

  • ステップダウンコンバータ
    • ダイナミック可変出力:0.75V~3.4V (MAX1958)
    • ダイナミック可変出力:1V~3.6V (MAX1959)
    • 1MHzの固定周波数PWM
    • 出力電流:800mA保証
    • 600mA負荷で130mVのICドロップアウト
    • デューティサイクル動作:16%~100%
    • 低自己消費電流
    • スキップモード時:190µA (typ) (MAX1958)
    • PWMモード時:3mA (typ)
    • シャットダウンモード時:0.01µA (typ)
    • 外付けショットキダイオード不要

  • オペアンプ
    • シャットダウンモード時のアクティブ出力放電
    • 利得帯域幅積:800kHz
    • 120dBのオープンループ電圧利得(RL = 100kΩ)
    • 5mAレイルトゥレイル出力

  • 温度センサ
    • 温度範囲:-40℃~+125℃
    • 高精度センサスロープ:-11.64mV/℃
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース