先頭に戻る

MAX1895, MAX1995の評価システム

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 1管アプリケーション(MAX1895EVSYS-S)、2管アプリケーション(MAX1895EVSYS-D)
  • 入力電圧範囲:7V~24V
  • 広範な輝度調整範囲
  • 2秒のタイムアウト付オープン管保護
  • SMBusインタフェースまたは実装済みポテンショメータにより輝度を調整可能
  • 低輝度でのちらつきなし
  • 発光効率に対しハイパワー
  • I²C/SMBus対応
  • 使いやすいメニュー方式のソフトウェア
  • 実装および試験済み
  • 付属:Windows 95/98対応ソフトウェア(3.5インチフロッピディスク)およびデモPCB
  • アプリケーション/用途

    • カーナビゲーションディスプレイ
    • LCDモニタ
    • ノートブックコンピュータ
    • POS端末
    • ポータブルディスプレイ電子機器

    説明

    MAX1895の評価システムは実装および試験済みのPCBで、高効率、広輝度範囲CCFLバックライトコントローラのMAX1895の評価に使用します。MAX1895EVSYS-Sは1管アプリケーション用、MAX1895EVSYS-Dは2管アプリケーション用に設計されています。両システムとも、SMBusインタフェースまたは実装済みポテンショメータを使って蛍光管の輝度を制御することができます。

    このシステムはマキシムSMBus™インタフェース基板(MAXSMBus)を備えており、これにより、IBM®互換PCでパラレルポートを使ってIntel®システムマネジメントバス(SMBus) I²Cインタフェースをエミュレートすることができます。Windows® 95/98対応ソフトウェアは、MAX1895の機能を実行容易なインタフェースを提供しています。このプログラムはメニュー方式で、制御ボタンおよびステータス表示を備えたグラフィカルインタフェースを提供します。

    注記:Windows NT/2000では追加ドライバソフトウェアが必要です。弊社にお問い合わせください。

    MAX1995の性能を評価する場合、MAX1895EVSYSをアナログインタフェースモードに設定してください。MAX1895の性能はMAX1995の性能と同一であり、ICを変更する必要はありません。

    簡易ブロック図

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。