MAX1895

高効率、広輝度範囲、CCFLバックライトコントローラ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

高集積コントローラのMAX1895/MAX1995は、同期フルブリッジインバータアーキテクチャにより冷陰極蛍光管(CCFL)の駆動に最適化されています。同期ドライブは入力範囲全体にわたって正弦波に近い波形を供給し、CCFLの寿命を最大にします。また、コントローラは、高効率かつ広い調光範囲で広い入力電圧範囲にわたって動作します。

MAX1895/MAX1995は、トランスの2次電圧を制限し、ランプ切れや短絡障害などのシングルポイント障害状態から保護する安全機能を備えています。

MAX1895/MAX1995では、以下の3方式でCCFLの輝度を安定化します。すなわち、ランプ電流のリニアな制御、ランプ電流のディジタルパルス幅変調(DPWM)、またはこれら2方式の同時使用による最大調光範囲(30:1以上)の実現です。CCFLの輝度は、アナログ電圧(MAX1895およびMAX1995)、または2線式SMBus™対応インタフェース(MAX1895のみ)のいずれかによって制御することができます。

MAX1895/MAX1995は、フルブリッジインバータの4個の外付けNチャネルパワーMOSFETを直接駆動します。5.3Vの内蔵リニアレギュレータにより、MOSFETドライバ、同期可能DPWM発振器、および大部分の内蔵回路が駆動されます。MAX1895/MAX1995は省スペース28ピンTQFNパッケージで提供され、工業用温度範囲(-40℃~+85℃)で動作します。
MAX1895、MAX1995:ファンクションダイアグラム MAX1895、MAX1995:ファンクションダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 共振周波数に同期
    • 良好な波高率によるランプ寿命延長
    • 発色能力を最大化
  • 発光効率に対しハイパワー
  • 広範な調光範囲(3方式)
    • ランプ電流の調整:3段階
    • ディジタルPWM (DPWM):10段階
    • 以上2方式の組合せ:30段階
  • フィードフォワード方式によるステップ入力電圧変化に高速応答
  • 広範な入力電圧範囲:4.6V~28V
  • トランス2次電圧制限によりトランスのストレスを低減
  • 2秒のタイムアウト付ランプ切れ保護
  • 短絡とその他のシングルポイント障害から保護
  • 同期可能なDPWM周波数
  • デュアルモードの輝度調整インタフェース
    • SMBusシリアルインタフェース(MAX1895のみ)
    • アナログインタフェース(両デバイスとも)
  • 高精度アナログインタフェース
    • 独立した100%輝度電圧リファレンスピン(CRFSDA)
    • 独立した最小ランプ電流セットポイントピン(MINDAC)
  • 小型実装面積28ピンTQFN (5mm x 5mm)パッケージ

アプリケーション/用途

  • カーナビゲーションディスプレイ
  • LCDモニタ
  • ノートブックコンピュータ
  • POS端末
  • ポータブルディスプレイ電子機器

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX1895 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース