先頭に戻る

1.2MHz、低コスト、高性能チャージャ

業界最高スイッチング周波数ノートブックバッテリチャージャ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高スイッチング周波数:1.2MHz
  • 制御されたインダクタ電流リップルのアーキテクチャ
    • BOMコストを削減
    • 小型インダクタと出力コンデンサ
  • 充電電圧精度:±0.4%
  • 入力電流制限精度:±2.5%
  • 充電電流精度:±3%
  • 単一ポイント補償
  • モニタ出力
    • 入力電流制限精度:±2.5%
    • バッテリ放電電流:±2.5%
    • ACアダプタの検出
  • アナログ/PWMの可変充電電流設定
  • 可変バッテリ電圧(セル当り4.2V~4.4V)
  • サイクルごとの電流制限
    • バッテリ短絡保護
    • パルス充電の高速応答
    • 高速システム負荷過渡応答
  • 設定可能な充電電流:5A未満
  • nチャネルMOSFETによる自動システム電源選択
  • ブーストダイオード内蔵
  • 入力電圧範囲:+8V~+26V

アプリケーション/用途

  • ノートブックコンピュータ
  • 充電式バッテリ付ポータブル機器
  • タブレットPC

説明

MAX17415は、高周波数、あらゆるバッテリに対応したバッテリチャージャで構成されています。これらの回路は、部品のサイズとコストを大幅に削減する新しい高周波、電流モードアーキテクチャを特長としています。このチャージャは、nチャネル同期整流器を備えたハイサイドMOSFETを使用します。広範囲に調整可能な充電電流、充電電圧、および入力電流制限によって、高精度かつ高効率チャージャの構造が簡素化されます。

充電電圧と充電電流は、アナログ制御入力によって設定されます。充電電流設定も、PWM入力によって調整することができます。高精度電流検出アンプは、サイクルごとの高速電流モード制御を提供し、バッテリ短絡から保護し、システム負荷過渡に迅速に応答します。また、このチャージャは、アダプタ電流に比例した高精度アナログ出力も提供します。MAX17415の場合、この電流モニタは、バッテリ放電電流を監視するためにアダプタが存在しない場合もアクティブのままです。

MAX17415は、出力からフィードバック抵抗分圧器を通じて、充電電圧設定とセルの数を調整します。このチャージャのすべてのバリアント製品は、10mΩ検出抵抗で最低4Aの充電電流を供給します。

このチャージャは、チャージポンプを利用して、nチャネルアダプタ選択スイッチを制御します。このチャージポンプは、チャージャがオフの場合もアクティブのままです。アダプタが存在しない場合は、pチャネルMOSFETがバッテリを選択します。

MAX17415は、鉛フリー、4mm x 4mm x 0.8mmの小型20ピンTQFNパッケージで提供されます。設計時間を短縮するための評価キットも提供されています。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。