MAX1715

超高効率、ノートブックコンピュータ用、デュアルステップダウンコントローラ

低コスト、超高速、1%精度のコントローラが、次世代ノートブックCPUコアおよびI/O電源を駆動


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX1715は、高電圧バッテリをステップダウンしてノートブックコンピュータの低電圧CPUコア、I/OおよびチップセットRAMの電源を生成するために必要な高効率、高速トランジェント応答および高精度DC出力を備えたPWMコントローラです。

マキシム独自のQuick-PWM™クイック応答、一定オンタイムPWM制御方式は、広い入力/出力電圧比を容易に処理し、比較的一定のスイッチング周波数を維持しながら、負荷トランジェントに対して100ns 「インスタント・オン」応答を提供します。

MAX1715は、従来の電流モードPWMから電流検出抵抗を除去することにより、低価格で高効率を実現しています。また、非常に大きな同期整流器MOSFETを駆動する能力があるため、効率はさらに向上しています。

1段バック変換を使用することによりこのデバイスは高圧バッテリを直接ステップダウンし、最高の効率を達成できます。これに対し、高いスイッチング周波数で2段変換(バッテリの代わりに+5Vシステム電源をステップダウン)を使用すると、デバイスのサイズを最小にすることができます。

MAX1715は、CPUコア、チップセット、DRAMその他、最低1Vまでの低電圧電源に使用できます。MAX1715は28ピンQSOPパッケージで供給されています。VIDへの適合または出力電圧のDAC制御を必要とするアプリケーション用については、MAX1710/MAX1711のデータシートを参照して下さい。シングル出力バージョンについてはMAX1714のデータシートを参照して下さい。
MAX1715:最小動作回路 MAX1715:最小動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 超高効率
  • 電流検出抵抗無し(損失のないILIMIT)
  • 負荷ステップ応答が100nsのQuick-PWM
  • 全ラインおよび負荷範囲においてVOUT精度が1%
  • 出力範囲:デュアルモード固定1.8V/3.3V/可変または2.5V/可変
  • 出力調整範囲:1V~5.5V
  • バッテリ入力範囲:2V~28V
  • 公称スイッチング周波数:200/300/420/540kHz
  • 過電圧/低電圧保護
  • 1.7msディジタルソフトスタート
  • 大きな同期整流器FETを駆動
  • パワーグッドインジケータ

アプリケーション/用途

  • 1.8Vおよび2.5V I/O電源
  • 最低1Vのチップセット/RAM電源
  • CPUコア電源
  • ノートブックコンピュータ

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX1715.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード2188MAX1715EVKIT MAX1715の評価キット