先頭に戻る

TFT LCDパネル用、10チャネル高電圧スキャンドライバおよびVCOMアンプ

GIP LCD TV用、初のオペアンプ内蔵10チャネルレベルシフタ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 大電流、高速オペアンプ
    • 出力短絡電流:±200mA
    • スルーレート:100V/µs
    • -3dB帯域幅:20MHz
    • レイルトゥレイル出力
  • 高電圧レベルシフトスキャンドライバ
    • ロジックレベル入力
    • 出力:+38V~-12V
  • 熱過負荷保護
  • 5mm x 5mm、28ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • LCDモニタ
  • LCD TV

説明

MAX17108は、10チャネル高電圧レベルシフトスキャンドライバおよびVCOMアンプを内蔵しています。このデバイスは、薄膜トランジスタ(TFT)液晶ディスプレイ(LCD)アプリケーションに最適化されています。

高電圧レベルシフトスキャンドライバは、+38V~-12Vまでスイング可能で、容量性負荷を高速駆動することができます。2つの正電源入力があり、システム設計の柔軟性を高めます。

オペアンプは、レイルトゥレイル出力、大短絡出力電流、高速スルーレート、および広い帯域を備えています。

MAX17108は、薄型LCDパネル用に厚さ最大0.8mmの、5mm x 5mm、鉛フリー、28ピンTQFNパッケージで提供されています。

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。