MAX17039

デュアル出力、3位相 + 1位相Quick-PWMコントローラ、VR12/IMVP7用

すべての必要なIMVP7機能をサポートする3位相コントローラ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX17039は、VR12/IMVP7 CPUコア電源用のデュアル出力、ステップダウン、一定オンタイムコントローラです。このコントローラは、CPUおよびGPUコア用の2つの大電流スイッチング電源で構成されています。CPUレギュレータ(レギュレータA)は、3位相の一定オンタイムアーキテクチャです。オプションの第3位相は、外付けドライバのMAX17491によって構成されます。2番目のGPUレギュレータ(レギュレータB)も、1位相のみの一定オンタイムアーキテクチャです。

レギュレータAおよびBはいずれも、真の差動電圧と電流検出を備えており、負荷ラインと電流制限の精度を向上します。スイッチング周波数は、個別にプログラムすることができ、位相当り100kHz~600kHzの動作が可能です。出力過電圧保護(OVP)、低電圧保護(UVP)、および過熱保護によって、高効率かつ高信頼の動作が確保されます。これらの保護機能のいずれかがフォルトを検出すると、コントローラは両方のチャネルをシャットダウンします。

レギュレータAは、過渡的な位相オーバーラップを備えており、応答時間を高速化し、総出力容量を低減します。レギュレータAは、アクティブオーバーシュート抑制も備え、必要な出力デカップリング容量をさらに低減することができます。

CPUおよびGPU出力は、適切なデータをファンクションマップされたレジスタファイルに書き込むことによって、個別に制御されます。スルーレートコントローラによって、VIDコード間の遷移の制御やソフトスタートの制御が可能です。また、SVIDインタフェースによって、各レギュレータを低電力パルススキップ状態に個別に設定することができます。個別の位相は、プロセッサの動作状態に基づいてシャットダウンし、効率を最適化することができます。MAX17039は、鉛フリー、56ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm)で提供されます。

主な特長

  • 3位相Quick-PWM™ CPUコア(レギュレータA)
    • 2つの内蔵ドライバと1つの外付けドライバ構成
    • アクティブオーバーシュート抑制
    • 過渡位相オーバーラップモード
    • ダイナミック位相選択
    • フェーズグッドフォルト検出(内蔵)
  • ドライバ内蔵の1相Quick-PWM (レギュレータB)
  • 8ビットIMVP7 DAC
  • VOUT精度:±0.4% (全ライン、負荷、および温度範囲)
  • 設定可能な利得を備えたアクティブ電圧ポジショニング
  • 高精度の無損失電流バランス
  • 高精度のドループおよび電流制限
  • リモート出力およびグランド検出
  • パワーグッドウィンドウコンパレータ(VR__READY)
  • 出力電流モニタ(IMON_)
  • バッテリ入力範囲:4.5V~26V
  • 大型同期整流MOSFETを駆動
  • 設定可能なスイッチング周波数:100kHz~600kHz
  • 外付けのサーマルフォルト検出(VR_HOT#)出力
  • 過電圧、低電圧、および過熱フォルト保護
  • ソフトスタートおよびソフトシャットダウン
  • ブーストスイッチ内蔵
  • 薄型、56ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ノートブック/デスクトップ/サーバ
  • 電圧ポジションされたステップダウンコンバータ
  • VR12/IMVP7 CPUコア電源

MAX17039EVKIT: MAX17000、MAX17007A、およびMAX17039の評価キット

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX17039 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース