先頭に戻る

マイクロプロセッサシステム用、トリプル出力パワーマネージメントIC

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 1パッケージに3個のレギュレータを内蔵
    • 周辺機器およびI/O用電源: 900mAで3.3V
    • マイクロプロセッサコア用電源:400mAで0.7V~VIN
    • メモリ用電源:800mAで1.8/2.5/3.3V
  • Intel PXA210/PXA250マイクロプロセッサをサポート
  • 手動リセット入力付パワーオンリセット
  • 自動パワーアップシーケンス
  • 1MHz PWMスイッチングにより外付け部品小型化
  • 5µAの低シャットダウン電流
  • 小型36ピン、6mm x 6mmのQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • インターネット機器およびウェブブック
  • PDA、パームトップ、およびワイヤレスハンドヘルド機器
  • 第三世代スマート携帯電話

説明

パワーマネージメントICのMAX1702Bは、Intel Xscale®マイクロアーキテクチャに基づくIntel® PXA210およびPXA250マイクロプロセッサなどのARM Powered®デバイスをサポートしています。こうしたデバイスとしては、低電力での十分なコンピューティング/マルチメディア能力を必要とするPDA、第三世代のスマート携帯電話、インターネット機器、自動車用ダッシュボード内テレマティックスシステム、およびその他のアプリケーションがあります。

MAX1702Bは、監視/管理機能と3個の超高性能電源を内蔵しています。それは、I/Oおよび周辺機器に3.3Vを供給するステップダウンDC-DCコンバータ、マイクロプロセッサコアに0.7V~VINを供給するステップダウンDC-DCコンバータ、およびメモリに1.8V、2.5V、または3.3Vを供給するステップダウンDC-DCコンバータです。

管理機能としては、自動パワーアップシーケンス、パワーオンリセットとタイマ付手動リセット、および2レベルのローバッテリ検出を備えています。

DC-DCコンバータは高速1MHz PWMスイッチングを採用しており、小型外付け部品を使用することができます。コンバータは重負荷のPWMモードから軽負荷のスキップモードに自動的に切り換えて、静止電流を低減し、バッテリ寿命を延ばします。入力電圧範囲は2.6V~5.5Vで、3個のNiMHセル、1個のLi+セル、または5Vの安定化入力を使用することができます。MAX1702Bは小型6mm x 6mmの36ピンQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX1702B:標準動作回路 MAX1702B:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。