先頭に戻る

MAX1636のCPU電源評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート Jun 19, 2001

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧範囲:+7V~+22V
  • ディジタル可変出力電圧:1.25V~2V
  • 出力電流能力:7A
  • DC出力精度:±1%
  • 効率= 87%、VIN = 7V、VOUT = 1.7V (IOUT = 3A)
  • 高速MOSFETでスイッチング損失を低減
  • 緊密なPCBレイアウトでスイッチング損失を低減
  • パワーグッド出力
  • スイッチング周波数:300kHz
  • 過電圧および低電圧保護
  • 表面実装構成
  • 完全実装済み、試験済み

アプリケーション/用途

  • バス終端電源
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • ノートブックコンピュータ
  • サブノートブックコンピュータ

説明

MAX1636 CPU電源評価キット(EVキット)回路は、高電圧バッテリ電源を次世代のノートブックCPUコア用の低電圧電源電圧に変換します。出力は1.25V~2Vの範囲で50mV毎に調節できます。入力範囲は+7V~+22Vです。出力電流は、最大7Aで効率は87%以上となっています。MAX1636はライン、負荷および温度の全条件において±1%のDC出力精度を実現しています。この完全実装済み、試験済みのEVキットは、高速負荷トランジェントを補正する優れた動的応答を示します。

本EVキットはノートブックCPUコア電源用に特別に設計されており、この難しいアプリケーションに対応したディジタルアナログコンバータ(DAC)、オペアンプバッファおよびその他の高性能部品が含まれています。しかし、MAX1636はDACなしに使用できる汎用スタンドアロンデバイスです。標準アプリケーション回路については、MAX1636のデータシートを参照してください。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート Jun 19, 2001

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。