MAX1624

同期整流器付き、CPU電源用、高速ステップダウンコントローラ

業界最小、超高速応答Pentium® Pro/Pentium II


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX1624/MAX1625は、上位コンピュータシステム用の超高性能ステップダウンDC-DCコントローラです。適正動作のために出力電圧精度および良好なトランジェント応答が必須な厳しいアプリケーション用に設計されており、+5V ±10%電源から1.1V~3.5V、35A以上の出力を全精度±1%で提供します。優れたダイナミック応答により、最新のダイナミッククロック付CPUに起因する出力トランジェントを補正します。これらのコントローラは、同期整流によって90%以上の効率を達成しています。フライングコンデンサブートストラップ回路によって、安価な外付NチャネルMOSFETを駆動します。

スイッチング周波数は、抵抗を使用して100kHz~1MHzの間で設定できます。スイッチング周波数が高いため、小型表面実装インダクタを使用することが可能なうえ、出力フィルタコンデンサも小さくて済むため、ボード面積とシステムコストが節減できます。

MAX1624は24ピンSSOPパッケージで提供されており、追加機能としては100mVステップのディジタル設定出力、可変トランジェント応答、0.5%、1%および2%を選択できるAC負荷レギュレーションおよび電流ブーストMOSFET用のゲート駆動電圧等があります。MAX1625は出力を抵抗で調節することができ、16ピンナローSOパッケージで提供されています。両素子のその他の特長としては、内部ディジタルソフトスタート、パワーグッド出力および3.5V ±1%リファレンス出力等が挙げられます。最新のIntel® VRM/VID規格に適合する類似のコントローラについては、MAX1638のデータシートを参照してください。
MAX1624、MAX1625:標準動作回路 MAX1624、MAX1625:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 出力精度:全ラインおよび全負荷範囲に渡り±1%以内
  • 効率:90%
  • 優れたトランジェント応答
  • 抵抗設定の固定スイッチング周波数:100kHz~1MHz
  • 出力電流:35A以上
  • ディジタル可変出力:1.1V~3.5V (100mVステップ) (MAX1624)
  • 抵抗可変出力:最低1.1V (MAX1625)
  • リモートセンシング
  • 可変ACループゲイン(MAX1624)
  • 負荷トランジェント応答を速くするGlitchCatcher™回路(MAX1624)
  • パワーグッド(PWROK)出力
  • 電流モードフィードバック
  • ディジタルソフトスタート
  • 強力な2Aゲートドライバ
  • 電流制限出力

アプリケーション/用途

  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • GTLバス終端
  • 産業用コンピュータ
  • LANサーバ
  • Pentium®

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX1624 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース