先頭に戻る

シングルチャネル、 カードバスおよびPCMCIA VCC/VPPパワースイッチングネットワーク

外付け部品不要で1スロットに1Aの能力

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for 3.3V/5V PCMCIA Cards and Hosts
Outputs 1 card slot
Controls Std. PCMCIA
VSUPPLY (V) 5
12
Package/Pins QSOP/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
3.28
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート Sep 01, 1996

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for 3.3V/5V PCMCIA Cards and Hosts
Outputs 1 card slot
Controls Std. PCMCIA
VSUPPLY (V) 5
12
Package/Pins QSOP/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
3.28

主な特長

  • シングルPCカード/カードバスソケットをサポート
  • 1A、0.25Ω (max)、3.3VのVCCスイッチ
  • 1A、0.25Ω (max)、5VのVCCスイッチ
  • インラッシュサージ電流を低減するソフト切換え
  • 過電流保護
  • 過電流/熱障害フラグ出力
  • Tj = +150℃でサーマルシャットダウン
  • 独立した内部チャージポンプ
  • ブレーク・ビフォ・メイクの切換え動作
  • スタンバイ消費電流:11µA (max)
  • 低RDS(ON) 3.3V切換えには5Vおよび12Vが不要
  • PCMCIA 3V/5V切換え規格に適合
  • 超小型16ピンQSOPパッケージ
  • 下記とコードコンパチブル:
    • Cirrus社のCL-PD67XXファミリ
    • Databook社のDB86184
    • Intel社の82365SL (工業標準コーディング)

アプリケーション/用途

  • データロギング
  • ドッキングステーション
  • ハンディターミナル
  • PCMCIAリード/ライトドライブ

説明

MAX1602は、シングルカードバスまたはPCカードのホストソケットに選択可能なVCCおよびVPP電圧を供給する低抵抗MOSFETスイッチのネットワークを備えた、DC電源切換えICです。主な特長としては、低抵抗スイッチ、小型パッケージ、ソフト切換え動作および3V/5V切換えでのPCMCIA規格への適合等が挙げられます。高速32ビットカードバスアプリケーション用の3.3V専用電源切換えが、2つの方法でサポートされています。まず、強力な3.3V低抵抗スイッチにより3.3Vでの高電流(最大1A)を可能にします。さらに、省電力のために+5Vおよび+12V電源が切り離してあったりオフになっていても、完全に独立した内部チャージポンプにより3.3Vスイッチの正常動作を可能にします。内部チャージポンプは安定化タイプであり、VCCスイッチが静的の時に入力電流が減少します。また、出力がハイインピーダンスまたはGND状態になると、消費電流が自動的に11µA (max)に低減されます。

その他の重要な特長としては、出力電流制限レベルの仕様が保証されていること、および出力の立上がり/立下がり時間が保証されていることが挙げられます(PCMCIA規格に適合)。過熱保護、高精度電流制限、過電流障害フラグ出力および低電圧ロックアウトが信頼性を高めています。CMOS/TTLロジックインタフェースはフレキシブルで、正電源電圧を超えるロジック入力レベルを許容します。

MAX1602は、完全なカードバス/PCMCIAスイッチを省スペースの16ピンQSOPパッケージに内蔵しています。

簡易ブロック図

MAX1602:簡易ブロックダイアグラム MAX1602:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

データシート Sep 01, 1996

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。