MAX1559

低コストPDA用、5出力、電源管理IC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX1559は、シングルセルリチウムイオン(Li+)または3セルニッケル水素(NiMH)バッテリで動作する低コストのパーソナルディジタルアシスタント(PDA)やポータブル機器用の完全パワーマネージメントチップです。このチップには小型PDAに必要なレギュレータ、出力、および電圧モニタがすべて搭載され、必要最低限の外付け部品しか必要ありません。4個のリニアレギュレータ、LCDバイアス用DC-DCブーストコンバータ、マイクロプロセッサリセット出力、および低バッテリシャットダウンが、小型QFNパッケージで提供されます。USBおよびACアダプタの両入力に対応のリチウムイオンチャージャに関しては、MAX1551を参照してください。

4個のリニアレギュレータはPMOSパス素子を備え、高効率の低ドロップアウト動作を実現します。MAIN LDO出力は、500mAで3.3Vを供給します。シグナル検出(SD)カードスロット出力は、400mAで3.3Vを供給します。COR1 LDO出力は250mAで1Vを出力し、COR2 LDO出力は30mAで1.8Vを供給します。SD出力およびCOR2 LDO出力は、ピン制御のシャットダウンを備えています。その他の出力と電圧の組み合せについてはマキシムにお問い合わせください。

DC-DCブーストコンバータは、MOSFETとオフ時のTrue Shutdown™を内蔵しています。したがって、シャットダウン時に入力電力はインダクタから切り離されるため、ブースト出力は入力電圧からダイオード1個分の降下にとどまらず、0Vまで低下します。

MAIN LDO出力が安定化して適切な起動が確保されると、マイクロプロセッサリセット出力がクリアされます。サーマルシャットダウンによって、ダイが過熱から保護されます。

MAX1559は3.1V~5.5Vの電源電圧で動作し、無負荷時の消費電流は50mAです。この製品は、パッケージの下面にパワーパッドを備えた1.3W、16ピンTQFNパッケージで提供されます。MAX1559は、-40℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されています。
MAX1559:標準動作回路 MAX1559:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 最小限の外付け部品
  • MAIN LDO出力:3.3V、500mA
  • SDカード出力:3.3V、400mA
  • コア用LDO出力:1V、250mA
  • 第2コア用LDO出力:1.8V、30mA
  • 高効率LCDブースト
  • オフ時にTrue ShutdownによるLCD 0V
  • 自己消費電流:50µA
  • 入力電圧範囲:3.1V~5.5V

アプリケーション/用途

  • 携帯電話/コードレス電話
  • ハンドヘルド機器
  • MP3プレーヤー
  • オーガナイザ
  • PDA

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX1559 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース