MAX1518B

オペアンプ付き、TFT LCD用DC-DCコンバータ

アクティブマトリックス、薄膜トランジスタ(TFT)、液晶ディスプレイ(LCD)用、高性能ステップアップレギュレータ、2つのリニアレギュレータコントローラ、および5つの大電流オペアンプを内蔵したTFT LCD DC-DCコンバータ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX1518Bは、アクティブマトリックス、薄膜トランジスタ(TFT)、液晶ディスプレイ(LCD)用の1個の高性能ステップアップレギュレータ、2個のリニアレギュレータコントローラ、および大電流オペアンプを内蔵しています。また、可変遅延付きロジック制御高電圧スイッチも備えています。

このステップアップDC-DCコンバータは、パネルのソースドライバICに安定化電源電圧を供給します。このコンバータは高周波(1.2MHz)、電流モードレギュレータで、超小型インダクタとセラミックコンデンサを使用可能にする14VのnチャネルMOSFETを内蔵しています。また、パルス負荷に対して高速に過渡応答し、85%を超える効率を実現します。

ゲートオン/ゲートオフリニアレギュレータコントローラは、スイッチングノードに接続された外付けチャージポンプを使って安定化TFTゲートオン/ゲートオフ電源を供給します。MAX1518Bは、5個の高性能オペアンプを内蔵しています。これらのアンプは、LCDバックプレーン(VCOM)やガンマ補正用分圧抵抗列を駆動するように設計されています。これらのデバイスは、大出力電流(±150mA)、高速スルーレート(13V/µs)、広帯域幅(12MHz)、およびレイルトゥレイル入力/出力を備えています。

MAX1518Bは、超薄型LCDパネル用に最大高0.8mmの32ピンTQFNパッケージで提供されます。
MAX1518B:最小動作回路 MAX1518B:最小動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 入力電源電圧範囲:2.6V~6.5V
  • 1.2MHzの電流モードのステップアップレギュレータ
    • パルス負荷に高速過渡応答
    • 高精度出力電圧:1.5%
    • 14V、2.4A、0.16ΩのnチャネルMOSFET内蔵
    • 高効率:90%
  • VGONおよびVGOFF用のリニアレギュレータコントローラ
  • 高性能オペアンプ
    • 出力短絡電流:±150mA
    • スルーレート:13V/µs
    • 12MHz、-3dBの帯域幅
    • レイルトゥレイル入力/出力
  • 可変遅延付きロジック制御高電圧スイッチ
  • 全レギュレータ出力に対するタイマ遅延障害ラッチ
  • 熱過負荷保護
  • 自己消費電流:0.6mA

アプリケーション/用途

  • LCDモニタパネル
  • ノートブックコンピュータのディスプレイ

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX1518B.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX1518BETJ+
  • MAX1518BETJ+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース