先頭に戻る

4チャネル冷陰極蛍光管コントローラ

1個のCCFLコントローラICを使ってスキャンバックライト方式の採用が可能

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for CCFL Controllers
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 5.5
Topology Push-Pull
# Channels 4
Dimming Interface Analog
DPWM
I2C
SMBus
Frequency Fixed PWM
Package/Pins SOIC (W)/28
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
1.87
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for CCFL Controllers
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 5.5
Topology Push-Pull
# Channels 4
Dimming Interface Analog
DPWM
I2C
SMBus
Frequency Fixed PWM
Package/Pins SOIC (W)/28
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
1.87

主な特長

  • LCD TVおよびPCモニタのバックライト用の高密度CCFLコントローラ
  • プログラマブルなスタッガスタートによって各チャネルでバースト調光を実現
  • 点灯周波数のブーストオプション
  • 可変の点灯時間
  • カスケード接続が容易
  • 最小限の外付け部品
  • アナログ輝度制御
  • ゲートドライバの位相制御によってDC電源電流のサージを最低限に抑制
  • チャネルごとのランプ障害監視によって、オープンランプ、過電流ランプ、点灯障害、および過電圧状態を検出
  • 高精度(±2%)内蔵発振器によって20kHz~80kHzのランプ周波数を実現
  • 広範囲のDPWMバースト調光発振器(22.5Hz~440Hz)を内蔵
  • ランプ周波数とDPWM周波数用に外部ソースに同期可能
  • 調光範囲:10%以下から最大100%
  • ソフトスタートによって、トランスの可聴ノイズを最低限に抑制
  • I²C対応シリアルポートと内蔵不揮発性(NV)メモリによって、デバイスをカスタマイズ可能
  • 3バイトのNVユーザメモリによってシリアル番号とデートコードを保持
  • 単一電源動作:4.5V~5.5V
  • 温度範囲:-40℃~+85℃
  • 28ピンSOパッケージ(300 mil)

アプリケーション/用途

  • LCD PCモニタ
  • LCD-TV

説明

DS3994は、TVおよびPCモニタのアプリケーションにおいて液晶ディスプレイ(LCD)を背面から照光(バックライト)する冷陰極蛍光管(CCFL)用の4チャネルコントローラです。このDS3994の機能によって最大サイズのLCDでの使用にも適し、また低いBOM (部品表)コストによってあらゆる範囲のLCD TVおよびモニタにも最適です。

DS3994は、4チャネルの各チャネルのランプバーストをスタッガ(ずらす)することができます。この機能によって、ビデオ品質改善用にバックライトスキャン方式をシングルCCFLコントローラICで実行することができるため、このビデオ品質改善の実現が極めて簡単で安価になります。また、各チャネルのバーストのスタッガによって、ディスプレイ電源の電流リップルを最小限に抑制することもでき、これは大型LCDにとって特に重要です。各チャネル間の相対的なスタッガを設定可能であるため、この機能を個々のアプリケーションに対応させることができます。

DS3994はプッシュプル駆動アーキテクチャを採用していますが、フルブリッジおよびハーフブリッジ駆動方式にも対応することができます。詳細については、お問い合わせください。

簡易ブロック図

DS3994:標準動作回路 DS3994:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。