先頭に戻る

2チャネル、プッシュプルCCFLコントローラ

シングルチャネルソリューションに比べより優れたランプ電流バランスを提供

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • LCD TVおよびPCモニタのLCDパネルのバックライト用の2チャネルCCFLコントローラ
  • 最小のBOM (部品表)で、低コストインバータソリューションを提供
  • チャネルごとのランプ障害監視によって、オープンランプ、過電流ランプ、点灯障害、および過電圧状態を検出
  • 40kHz~80kHzのランプ周波数用の高精度(±10%)発振器を内蔵
  • 90Hz~220Hzまたは180Hz~440HzのDPWMバースト調光周波数用の高精度(±10%)発振器を内蔵
  • デバイス電源の低電圧ロックアウト
  • インバータ電源の低電圧ロックアウト
  • バースト調光ソフトスタートによって、トランスの可聴ノイズを最低限に抑制
  • 点灯周波数のブースト
  • 調光範囲:10%以下から最大100%
  • 単一電源動作:4.5V~5.5V
  • 温度範囲:-40℃~+85℃
  • 16ピンSOパッケージ(150 mil)
  • アプリケーション/用途

    • LCD PCモニタ
    • LCD-TV

    説明

    DS3992は、液晶ディスプレイ(LCD)を背面から照光(バックライト)するための冷陰極蛍光管(CCFL)用の低コスト、2チャネルコントローラです。DS3992はチャネルごとに複数のCCFLを駆動可能であるため、4個および6個のランプ構成のLCD PCモニタやTVアプリケーションに最適です。

    DS3992はプッシュプル駆動方式によって、DC電圧(5V~24V)をCCFLへの給電に必要な高電圧(300VRMS~1400VRMS)のAC波形に変換します。プッシュプル駆動方式では使用される外付け部品点数が最小限であるため、部品および組立コストが削減され、プリント回路ボード(PCB)設計の実装が容易になります。また、プッシュプル駆動方式は高効率のDC-AC変換を行い、正弦波に近い波形を生成します。

    簡易ブロック図

    DS3992:標準動作回路 DS3992:標準動作回路 Zoom icon

    サポートとトレーニング

    技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。