先頭に戻る

MAX8535の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • Fault Power-Supply Isolation for 12V Bus
  • Eliminates ORing Diode Power Dissipation
  • Reverse-Current Detection
  • Adjustable Undervoltage Threshold (Configured to 8V)
  • Adjustable Overvoltage Threshold (Configured to 13.7V)
  • Active-Low FAULT Output Status Indicator
  • Adjustable Soft-Start
  • Up to 20A of Load Current
  • Surface-Mount Construction
  • Fully Assembled and Tested

アプリケーション/用途

  • ネットワーク/テレコム電源
  • ブレードサーバのオンボード冗長電源
  • 整流器
  • 高可用性システムの冗長電源
  • サーバ用シルバボックス電源

説明

The MAX8535 evaluation (EV) kit circuit demonstrates the functionality of the MAX8535 ORing MOSFET controller that provides redundancy and fault isolation to highly reliable power systems. The MAX8535 EV kit board operates in 12V systems.

During startup, the EV kit monitors the voltage difference between a power supply and a power bus. Once the voltage difference is less than 0.4V, the MAX8535 turns on two ORing MOSFETs, linking the power supply and power bus. Once the MOSFETs are on, the EV kit monitors the load current and voltages to protect against undervoltage (UVP), overvoltage (OVP), and reverse-current fault conditions.

The OVP and UVP thresholds are adjustable and can be disabled. The UVP threshold is set to 8V and the OVP threshold is set to 13.75V. An active-low FAULT signal output is provided for circuit monitoring.

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。