先頭に戻る

7Aシンク、3Aソース、12ns、SOT23 MOSFETドライバ

広範囲のソース/シンク電流および低伝播遅延を備えた小型MOSFETドライバ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for MOSFET Drivers
No. of Drivers 1
Logic Polarity Inverting
Noninverting
RON (Ω) (max) 0.32
RON (Ω) (typ) 0.26
Configuration High-Side P Drive
Low-Side N Drive
IOUT (A) (peak) 7
Rise/ Fall Time @+25°C (ns) (typ) 5/4 (1000pF)
VSUPPLY (V) 4 to 14
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins SOT23/6
Budgetary
Price (See Notes)
0.58
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for MOSFET Drivers
No. of Drivers 1
Logic Polarity Inverting
Noninverting
RON (Ω) (max) 0.32
RON (Ω) (typ) 0.26
Configuration High-Side P Drive
Low-Side N Drive
IOUT (A) (peak) 7
Rise/ Fall Time @+25°C (ns) (typ) 5/4 (1000pF)
VSUPPLY (V) 4 to 14
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins SOT23/6
Budgetary
Price (See Notes)
0.58

主な特長

  • 個別のソース/シンク出力
  • 単一電源範囲:+4V~+14V
  • 7Aピークシンク電流
  • 3Aピークソース電流
  • V+電圧に関係なく+14Vに定格された入力
  • 伝搬遅延:12ns
  • 反転入力と非反転入力の間で整合された遅延:500ps以内
  • HNMまたはTTLロジックレベル入力
  • 低入力容量:10pF (typ)
  • サーマルシャットダウン保護
  • 小型SOT23パッケージで底面のPCBトレース配線が可能
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • DC-DCコンバータ
  • モータ制御
  • パワーMOSFETスイッチング
  • 電源モジュール
  • スイッチモード電源

説明

MAX15070A/MAX15070Bは、ピーク電流の7Aシンクと3Aソースが可能な高速MOSFETドライバです。これらのICは、MAX5048デバイスを強化したもので、反転入力と非反転入力を備えているため、より高いフレキシビリティでMOSFETの制御が可能です。また、これらの製品は、補完的モードで動作する2つの個別の出力も備えており、高いフレキシビリティでオンとオフのスイッチング速度の両方を制御することができます。

このICは、出力状態の変化時のシュートスルーを防止するロジック回路を内蔵しています。これらのロジック入力は、V+電圧に関係なく、最大+16Vまでの電圧スパイクから保護されます。伝搬遅延時間は、反転入力と非反転入力の間で最小限に抑えられ整合されます。各ICは、超高速スイッチング時間を備えており、短い伝搬遅延(12ns typ)と組み合わせることによって、高周波数回路に最適になっています。これらのICは、+4V~+14Vの単一電源で動作し、消費電流は標準で0.5mAになります。MAX15070Aは標準TTL入力ロジックレベルを備えるのに対し、MAX15070BはCMOSタイプの高ノイズマージン(HNM)の入力ロジックレベルを備えています。

いずれのデバイスも、6ピンSOT23パッケージで提供され、-40℃~+125℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX15070A、MAX15070B:標準動作回路 MAX15070A、MAX15070B:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。