先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX14916の評価キット Oct 24, 2019
アプリケーションノート How to Program the MAX14915/16 - 8 Channel High-Side Switch

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 広範囲の入力電圧および負荷条件に対応する堅牢な動作
  • VDDOK表示
  • チャネル状態およびフォルト状態のLED表示
  • 誘導性負荷の高速消磁
  • オープンワイヤ、過負荷、低電圧、過電流、サーマルシャットダウンフォルト状態表示
  • ウォッチドッグおよびSYNCH機能に対応
  • 通信エラー表示
  • 広いロジック電圧範囲
  • 端子でアドレス指定可能なSPI通信
  • 温度範囲:-40℃~+125℃
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み
  • Windows 10対応ソフトウェア

アプリケーション/用途

  • モーション制御およびドライブユニット
  • PLCセーフティデジタルI/Oモジュール
  • PLC標準デジタルI/Oモジュール

説明

MAX14916の評価キット(EVキット)は、拡張診断機能内蔵2.4A (min)クワッドハイサイドスイッチのMAX14916を評価するための実証済みデザインを提供します。このEVキットには、MAX14916の評価ボードおよびPCから対象デバイスへのUSBポートおよびUSB2GPIOインタフェースボードを介した通信を提供するグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)が含まれています。USB2GPIOのEVキットは個別にご注文ください。

GUIはWindows 10に対応し、MAX14916 ICの機能を実行します。EVキットのGUIによって、8つのハイサイドスイッチ(クワッド高電流動作用にハードウェア設定済み)を高速SPIインタフェースを介して個別に制御し、オープンワイヤ/オープン負荷状態、出力チャネルの状態、複数の低電圧アラーム、全体/チャネル別の過熱アラーム、および複数のフォルトアラームなどの診断情報をMAX14916から受信することが可能です。

MAX14916のEVキットは外部+24V電源から給電する必要があり、全負荷時に10A以上を消費します。USB2GPIOインタフェースボードはUSBポートから給電されます。

MAX14916のEVキットのボードには、48ピンFC2QFNパッケージ(6 × 6mm)のMAX14916AFM+が実装されています。

簡易ブロック図

MAX14916EVKIT:ボード写真 MAX14916EVKIT:ボード写真 Zoom icon

Technical Docs

データシート MAX14916の評価キット Oct 24, 2019
アプリケーションノート How to Program the MAX14915/16 - 8 Channel High-Side Switch

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。