先頭に戻る

オクタル(8回路)高速、ハイサイドスイッチ/プッシュプルドライバ

業界で最堅牢/最高速の24Vドライバ、200kHzのスイッチング速度に対応、工場のスループットを改善

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Digital I/O
Digital Input/Output Digital Output
Interface Type Serial
# Channels 8
VSUPPLY (V) (min) 10
VSUPPLY (V) (max) 36
ISUPPLY (µA) (typ) 1.1
Current Limit (A) (min) 0.64
Current Limit (A) (max) 1.2
Load Current (A) (max) 0.64
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins QFN/56
Budgetary
Price (See Notes)
7.48
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Digital I/O
Digital Input/Output Digital Output
Interface Type Serial
# Channels 8
VSUPPLY (V) (min) 10
VSUPPLY (V) (max) 36
ISUPPLY (µA) (typ) 1.1
Current Limit (A) (min) 0.64
Current Limit (A) (max) 1.2
Load Current (A) (max) 0.64
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins QFN/56
Budgetary
Price (See Notes)
7.48

主な特長

  • 低消費電力および低発熱
    • ハイサイドRON:230mΩ (max、TA = 125℃)
    • 高効率5V/100mAバックレギュレータ
  • 高速制御システムに最適な高速スイッチング
    • 伝播遅延(ハイサイドモード):0.1µs (typ)
    • 伝播遅延(プッシュプルモード):0.5µs (typ)
    • スイッチングレート能力(プッシュプルモード):200kHz
    • 誘導性負荷の高速消磁
  • 堅牢な動作
    • VDD絶対最大定格:60V
    • 安全な消磁:無制限のインダクタンスのターンオフ
    • IEC61000-4-2 ESD保護:12kV気中放電/8kV接触放電
    • VDDのTVSによるサージ保護:±1kV/42Ω
    • ウォッチドッグとCRCを備えた堅牢なSPIインタフェース
    • 周囲動作温度範囲:-40℃~+125℃
  • 広範な診断によってシステムのダウンタイムを削減
    • ドライバ単位およびチップのサーマルシャットダウン
    • オープンワイヤ検出(ハイサイドモード)
    • 低電源電圧警告
    • 低電圧検出
    • OUTの過電圧検出
    • 過電流検出
    • フォルトおよび出力状態の視覚表示用のLEDドライバ
  • 柔軟なインタフェースによって設計が容易
    • シリアルおよび/またはパラレル制御インタフェース
    • チャネル単位の設定および監視
    • 広いロジック電圧範囲:1.6V~5.5V
  • 小型パッケージと高集積によって小型高密度I/Oモジュールを実現
    • 56ピンQFNパッケージ(8mm x 8mm)
    • 8つのハイサイドスイッチ/プッシュプルドライバ
    • デイジーチェーン可能SPIインタフェース

アプリケーション/用途

  • ビルオートメーション
  • 産業用デジタル出力
  • PLCシステム

説明

MAX14912/MAX14913は、8つの640mAスマートハイサイドスイッチを備え、それらは高速スイッチング用のプッシュプルドライバとしても設定可能です。入力からハイサイド/ローサイドドライバのスイッチングまでの伝播遅延は1µs (max)です。各ハイサイドドライバは、TA = 125℃時に500mAの負荷電流で230mΩ (max)の低オン抵抗を備えています。

デバイスは、端子またはSPIインタフェースのいずれかを介して設定および制御されます。SPIインタフェースはデイジーチェーン可能なため、複数のデバイスを効率的にカスケード接続することができます。SPIはコマンドモードもサポートし、最も詳細な診断情報を得ることができます。MAX14912はパラレルおよびシリアル設定モードでのSPIを介した設定が可能なのに対し、MAX14913はシリアル設定モードでのSPIを介した設定のみをサポートします。

ハイサイドモードでのオープン負荷検出はスイッチオン/オフ状態での両方のオープンワイヤ状態を検出し、LEDドライバはチャネル単位のフォルトおよびステータス状態の表示を提供します。内蔵アクティブクランプは、ハイサイドモードでの誘導性負荷のシャットダウンを迅速化します。

MAX14912/MAX14913は、56ピンQFNパッケージ(8mm x 8mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX14912、MAX14913:ファンクション(またはブロック)ダイアグラム MAX14912、MAX14913:ファンクション(またはブロック)ダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。