先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • MAX14912の簡便な評価
  • 高速プッシュプルデジタル出力
  • セーフデマグネタイゼーションによって無制限のインダクタンスの安全なターンオフを実現するハイサイドスイッチオプション
  • USB2PMB2#またはUSB2GPIO#アダプタおよびMunich GUIソフトウェアとの動作が可能

アプリケーション/用途

説明

MAX14912ペリフェラルモジュール(MAX14912PMB)は、オクタル(8回路)デジタル出力ドライバのMAX14912を評価するためのハードウェアを提供します。ICの動作の詳細については、MAX14912 ICのデータシートを参照してください。

このモジュールは、さまざまな方法で使用することができます。マキシムは、Munich GUIソフトウェアを使用してUSBケーブルを介して通信を行う低コストのUSB2PMB1#、USB2PMB2#、またはUSB2GPIO#アダプタボードを販売しています。これは、このボードには付属していません。あるいは、12ピンPmod対応コネクタを備えた任意のマイクロコントローラまたはFPGAを使用することも可能です。ユーザーのもう1つのオプションは、ワイヤラッピングによって自分のシステムからコネクタX1上のピンへの一時的な接続を行うことです。

PmodのPCBサイズはわずか長さ50mm × 幅20mmで、幅はX3コネクタのサイズによって決まります。

簡易ブロック図

MAX14912PMB:動作回路 MAX14912PMB:動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。