MOSFETドライバIC

MOSFETドライバICは高利得アンプで、高電圧アプリケーションにおいて低電圧入力を使用してディスクリートのパワーMOSFETをスイッチオン/オフします。MOSFETドライバICは一般的にハーフブリッジ回路でMOSFETをスイッチングするために使用されます。MOSFETドライバICはスイッチタイミングを制御して1度に1つのトランジスタのみが導通することを確保し、損傷を与える可能性のある貫通電流を防止します。

複数の電源が並列に接続されるアプリケーション(たとえば、バックアップ電源)では、保護のためにショットキーダイオードのORing (OR接続)が一般的に使用されます。しかし、大電流が要求される場合、ダイオードの順方向電圧降下によって大きい電力損失が生じるため、ヒートシンクが必要になります。これらのアプリケーションの場合、ショットキーダイオードの代わりにMOSFETを使用する方が適しています。MOSFETはショットキーダイオードよりオン抵抗が低く、発熱が少ないため、ヒートシンクが不要で、全体的ソリューションサイズが小型化します。

MOSFETコントローラのORingは、このタイプの回路に必要な制御ロジックを提供します。シングルおよびデュアルドライバと、2次側同期整流ドライバの組み合わせは、絶縁型設計用にさらに高い効率を提供します。マキシムは、迅速なプロトタイプ作成と設計の検証のために、評価キットやリファレンスデザインを提供しています。マキシムのMOSFETドライバICは、高速遅延時間、小型パッケージサイズ、高効率、より高い信頼性などの業界トップクラスの特長を備えています。




MOSFETドライバおよびコントローラの開発ボード


SafeDemagを使って誘導性負荷を安全に消磁する方法(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

スイッチング誘導性負荷を使用する場合に、SafeDemagを使ってインダクタを安全かつ迅速に消磁する方法をTravisとCynthiaが紹介します。誘導性スイッチングについて説明し、フリーホイールダイオード、ツェナークランプ、アクティブクランプ、およびマキシムのSafeDemagソリューションの違いを説明します。

詳細はこちら:MAX14912EVKIT ›

7Aシンク、3Aソース、12ns、SOT23 MOSFETドライバのMAX25615のご紹介

7Aシンク、3Aソース、12ns、SOT23 MOSFETドライバのMAX25615のご紹介

診断機能を内蔵した小型産業用オクタル(8回路) 1A/クワッド2AハイサイドスイッチのMAX14916のご紹介

このビデオは、マキシムの診断機能を内蔵した小型産業用オクタル(8回路) 1A/クワッド2AハイサイドスイッチのMAX14916を紹介します。

産業用オクタル(8回路)ハイサイドスイッチのMAX14917のご紹介

このビデオは、マキシムの産業用オクタル(8回路)ハイサイドスイッチのMAX14917を紹介します。

絶縁型24Vから5V、12.5Wフォトカプラ不要フライバック電源

MAXREFDES120

2次側同期整流MOSFETドライバを備えた小型24V入力モジュールで、5V / 2.5Aの出力を提供します。

詳細はこちら ›

絶縁型24Vから5V、9Wフォトカプラ不要フライバック電源

MAXREFDES119

2次側同期整流MOSFETドライバを備えた小型24V入力モジュールで、5V / 1.8Aの出力を提供します。

詳細はこちら ›

診断機能を内蔵した小型産業用オクタル(8回路)ハイサイドスイッチのMAX14915のご紹介

このビデオは、最大700mAの連続電流を供給可能な8つのハイサイドスイッチを備えたMAX14915を紹介します。

車載同期整流バック、高輝度LEDコントローラ

MAX20078

エクステリア照明およびセーフティアプリケーションの高速応答時間と低EMIの間のトレードオフを解消します。

詳細はこちら ›



MOSFETドライバおよびコントローラの注目製品


2次側同期整流MOSFETドライバ、フライバックコンバータ用

MAX17606

4.5V~36V入力、高電流ドライバで、効率および熱管理を向上させます。

詳細はこちら ›

7Aシンク/3Aソース電流、8ns、SOT23、MOSFETドライバ

MAX5048C

ロジック入力信号を受け取って大型の外付けMOSFETを駆動し、高周波スイッチャに最適です。

詳細はこちら ›

4Aシンク/ソース電流、12ns、デュアルMOSFETドライバ

MAX17600

高速スイッチング時間と短い伝搬遅延を備え、高周波回路に最適です。

詳細はこちら ›