先頭に戻る

低ノイズ500mA LDOレギュレータ、2mm x 2mmのTDFNパッケージ

低ノイズ、低ドロップアウト、高PSRR、500mAリニアレギュレータ、2mm x 2mmのTDFNパッケージ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧範囲:1.7V~5.5V
  • 出力電圧範囲:0.6V~5.3V
  • 16µVRMSの出力ノイズ、10Hz~100kHz
  • 動作消費電流:80µA
  • 92dB PSRR (5kHzの場合)
  • 保証出力電流:500mA
  • 出力精度:±1.5% (負荷、入力、および温度の全範囲)
  • ドロップアウト:100mV (max) (500mA負荷の場合)
  • シャットダウン消費電流:1µA以下
  • 短絡保護:700mA
  • 熱過負荷保護
  • 出力-入力の逆電流保護
  • 2mm x 2mm x 0.8mmのTDFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • MP3およびポータブルメディアプレーヤー
  • ノートブックコンピュータ
  • スマートフォン

説明

低ノイズリニアレギュレータのMAX8902A/MAX8902Bは、最大500mAの出力電流を供給し、出力ノイズは100kHzの帯域幅でわずか16µVRMSです。これらのレギュレータは、広い入力範囲でそれぞれの出力電圧を維持し、最大負荷時で必要な入力-出力ヘッドルームはわずか100mVです。

これらのLDOは負荷電流とドロップアウト電圧に関係なく、80µA (typ)の低消費電流を維持します。このレギュレータ制御回路構成には、プログラマブルなソフトスタート回路、および短絡、逆電流、および熱過負荷保護が含まれています。その他の機能として、シャットダウン入力とパワーOK出力(MAX8902Bのみ)があります。

MAX8902Aの出力電圧は、SELAおよびSELB入力を使って、1.5V、1.8V、2.0V、2.5V、3.0V、3.1V、3.3V、4.6V、または4.7Vに設定することができます。MAX8902Bの出力電圧は、外付け抵抗分圧器を使って、0.6V~5.3Vの範囲に設定することができます。

簡易ブロック図

MAX8902A、MAX8902B:標準動作回路 MAX8902A、MAX8902B:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。