先頭に戻る

低ノイズ、低ドロップアウト、150mAリニアレギュレータ、SOT23

業界で最も低いドロップアウト、SOT23パッケージ、低ノイズ150mAレギュレータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 2.5
VIN (V) (max) 5.5
Rated ILOAD (mA) 150
Preset VOUT (V) 3
5
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.16
ICC (µA) (max) 180
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 20
Ref. Bypass Yes
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
0.86
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 2.5
VIN (V) (max) 5.5
Rated ILOAD (mA) 150
Preset VOUT (V) 3
5
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.16
ICC (µA) (max) 180
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 20
Ref. Bypass Yes
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
0.86

主な特長

  • 低出力ノイズ:30µVRMS
  • 50mA出力で55mVの低ドロップアウト(150mA出力で165mV)
  • 無負荷時の消費電流:僅か85µA
  • 動作時の消費電流:僅か100µA (ドロップアウト時も同様)
  • サーマル過負荷および短絡保護
  • バッテリの逆挿入保護
  • 出力電流制限
  • プリセット出力電圧(±1.4%精度)
  • 10nAのロジック制御シャットダウン

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • コードレス電話
  • エレクトロニックプランナ
  • ハンドヘルド機器(PDA、パームトップ)
  • モデム
  • パームトップコンピュータ
  • PCMCIAカード
  • PCS電話

説明

MAX8867/MAX8868は、2.5V~6.5V入力から150mAまでを供給する低ノイズ、低ドロップアウトリニアレギュレータです。これらのデバイスの公称出力ノイズは30µVRMS、150mAにおける公称ドロップアウトは僅か165mVとなっています。出力電圧は、100mVステップで2.5V~5.0Vの範囲の電圧に予め設定されています。MAX8867およびMAX8868は、BPピンを除きMAX8863およびMAX8864とピンコンパチブルです。

MAX8867/MAX8868は内部PチャネルMOSFETパストランジスタで設計され、負荷電流やドロップアウト電圧に関係なく100µAという低い消費電流を維持します。その他の特長としては、10nAロジック制御シャットダウンモード、短絡およびサーマルシャットダウン保護、バッテリの逆挿入保護が挙げられます。また、MAX8868には、デバイスをシャットダウンした時に出力電圧をグランドに放電する自動放電機能も備わっています。これらのデバイスは、共に標準かつ薄型の5ピンSOT23パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX8867、MAX8868:標準動作回路 MAX8867、MAX8868:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。