先頭に戻る

スタンバイモード付き、5V/3.3Vまたは可変、低ドロップアウト、低IQ、200mAリニアレギュレータ

250mA LDO、あらゆる負荷およびドロップアウトで消費電流はわずか11µA

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 11.5
Adj. VOUT (V) (min) 1.25
Adj. VOUT (V) (max) 11
Rated ILOAD (mA) 200
Preset VOUT (V) 5
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.22
ICC (µA) (max) 15
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 250
Ref. Bypass No
Low Batt./ Pwr. Fail Out Yes
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.92
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 11.5
Adj. VOUT (V) (min) 1.25
Adj. VOUT (V) (max) 11
Rated ILOAD (mA) 200
Preset VOUT (V) 5
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.22
ICC (µA) (max) 15
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 250
Ref. Bypass No
Low Batt./ Pwr. Fail Out Yes
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.92

主な特長

  • フの字電流制限
  • パッケージ:ハイパワー(1.5W) 8ピンSO
  • Dual Mode動作:固定または可変出力(1.25V~11V)
  • 広入力電圧範囲:2.7V~11.5V
  • 1.1Ωのpチャネルパストランジスタ内蔵によりベース電流なし
  • 低ドロップアウト電圧:220mV (出力電流200mA時)
  • 自己消費電流:11µA (typ)
  • 1µA (max)シャットダウンモードまたは7µA (typ)スタンバイモード
  • ローバッテリ検出コンパレータ
  • 逆電流保護
  • 熱過負荷保護

アプリケーション/用途

  • 1.25V~11V可変レギュレータ
  • 3.3Vおよび5Vレギュレータ
  • 車載用電子機器
  • 高効率リニアレギュレータ
  • ページャおよび携帯電話
  • ポータブル計測機器
  • ソーラーパワー機器

説明

MAX882/MAX883/MAX884は、超低消費電流と低ドロップアウト電圧特性を兼ね備えることで、バッテリ寿命を拡張するリニアレギュレータです。+125℃までのジャンクション温度で200mAを出力し、1.5WのSOICパッケージで提供されています。1.5Wパッケージにより、標準的なSOICの0.47Wに比べて、入力電圧と出力電流の動作範囲を拡大することができます。MAX882/MAX883/MAX884は、PチャネルMOSFETパストランジスタを採用することにより、無負荷から200mAの最大出力範囲において消費電流を11µA (最大15µA)と低く抑えています。従来のバイポーラリニアレギュレータと異なり、出力電流に伴い増加するPNPベース電流の損失はありません。また、ドロップアウト状態になっても、MOSFETのためPNPトランジスタでの飽和による過剰なベース電流の心配もありません。通常のドロップアウト電圧は、5V/200mAで220mV、3.3V/200mAで320mVです。

MAX882は7µAのスタンバイモードを備えています。このモードでは出力はディセーブルされますが、リファレンス、ローバッテリ・コンパレータおよびバイアス回路は動作状態に維持されます。MAX883/MAX884は回路全体をオフにするシャットダウン(OFF)モードを備えていて、このモードでは消費電流が1µA以下に低減されます。いずれのデバイスもローバッテリ検出コンパレータ、フの字電流制限、逆電流保護およびサーマル保護機能を備えています。

MAX882/MAX884の出力電圧は3.3Vに、MAX883は5Vに設定されています。また、どのデバイスもDualMode™動作機能を備え、外付抵抗を使用して1.25V~11V範囲で出力電圧の調整が可能です。入力電圧範囲は2.7V~11.5Vです。

最大出力電流が500mAの低ドロップアウトリニアレギュレータについては、MAX603/MAX604のデータシートを参照してください。

簡易ブロック図

MAX882、MAX883、MAX884:標準動作回路 MAX882、MAX883、MAX884:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。