先頭に戻る

±1%、超低出力電圧、デュアルおよびトリプル、リニアn-FETコントローラ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 13.2
Adj. VOUT (V) (min) 0.5
Adj. VOUT (V) (max) 5
Rated ILOAD (mA) 3000
# Regulators 2
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.056
ICC (µA) (max) 1200
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-12%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
1.77
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 13.2
Adj. VOUT (V) (min) 0.5
Adj. VOUT (V) (max) 5
Rated ILOAD (mA) 3000
# Regulators 2
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.056
ICC (µA) (max) 1200
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-12%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
1.77

主な特長

  • MAX8563:3つの出力
  • MAX8564/MAX8564A:2つの出力
  • ±1%のフィードバックレギュレーション
  • 最低可変出力電圧:0.5V
  • 出力にセラミックコンデンサを使用可能
  • 広い電源電圧範囲によって5Vまたは12Vレイルの動作を実現
  • 独立したイネーブル制御とPOK信号によって電源シーケンシングが可能
  • ソフト短絡状態から過負荷保護
  • 低電圧短絡保護
  • nチャネルMOSFETを駆動

アプリケーション/用途

  • デスクノートおよびノートブック
  • デュアル/トリプル電源
  • グラフィックカード
  • 低電圧DSP、µP、およびマイクロコントローラ電源
  • マザーボード
  • 超低ドロップアウト電圧レギュレータ

説明

MAX8563/MAX8564/MAX8564Aは超低出力デュアルおよびトリプルLDOコントローラで、マザーボード、デスクノート、ノートブックなどのアプリケーションにおいてフレキシブルで安価なPoL (Point of Load)型の電圧変換を実現します。

これらの製品は精度が±1%の0.5Vのリファレンス電圧を備え、出力電圧を厳密にレギュレーションします。MAX8563は3つのnチャネルMOSFETコントローラ出力、MAX8564/MAX8564Aは2つのコントローラ出力を備えています。

各コントローラ出力は、VDD = 12Vの場合は0.5V~3.3Vに、VDD = 5Vの場合は0.5V~1.8Vに調整可能です。各出力は個別にイネーブルされ、出力が設定値の94%に達するとPOK信号をアサートします。出力が設定電圧の80%以下に50µs間以上降下すると、出力をディセーブルする低下電圧コンパレータによって、各出力はソフト短絡状態から保護されます。破局的な短絡状態の場合は、出力が設定電圧の60%以下に降下するとレギュレータは即時シャットダウンされます。

MAX8563は16ピンQSOPパッケージで、MAX8564/MAX8564Aは10ピンµMAX®パッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX8563、MAX8564、MAX8564A:標準動作回路 MAX8563、MAX8564、MAX8564A:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。