先頭に戻る

個別シャットダウン付き、デュアル、300mA、低ノイズリニアレギュレータ、UCSPまたはTDFNパッケージ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 2.5
VIN (V) (max) 6.5
Rated ILOAD (mA) 300
Preset VOUT (V) 3
Special Order Preset 1.5 to 3.3 by 0.05
# Regulators 2
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.2
ICC (µA) (max) 290
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 32
Ref. Bypass Yes
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TDFN/8
Budgetary
Price (See Notes)
0.95
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 2.5
VIN (V) (max) 6.5
Rated ILOAD (mA) 300
Preset VOUT (V) 3
Special Order Preset 1.5 to 3.3 by 0.05
# Regulators 2
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.2
ICC (µA) (max) 290
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 32
Ref. Bypass Yes
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TDFN/8
Budgetary
Price (See Notes)
0.95

主な特長

  • 2個の低ドロップアウト電圧レギュレータ
  • 低出力ノイズ:32µVRMS
  • 出力電流(各LDO当たり):300mA
  • PSRR:70dB (10kHzにて)
  • 個別のシャットダウン制御
  • 低ドロップアウト:60mV (100mA負荷にて)
  • 動作消費電流(各LDO当たり):115µA
  • 出荷時設定出力:1.5V~3.3V
  • 小型セラミック出力コンデンサの使用可能
  • 出力電流制限
  • サーマル過負荷および短絡回路保護
  • 許容電力損失:1.95W (TDFN)
  • 実装面積:2mm² (UCSP)

アプリケーション/用途

  • 携帯電話/コードレス電話
  • デジタルカメラ
  • ハンドヘルド機器
  • ノートブックコンピュータ
  • PCMCIAカード
  • PDAおよびパームトップコンピュータ
  • ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)

説明

デュアル、低ノイズ、低ドロップアウト(LDO)リニアレギュレータのMAX8559は、2.5V~6.5Vの入力電圧で動作し、最低300mAの直流電流を出力します。この製品は、出力ノイズが低く、ドロップアウトがわずか60mV (100mAにて)です。この製品の標準出力ノイズは32µVRMSで、PSRRは70dB (10kHzにおいて)です。MAX8559は、pチャネルMOSFETパストランジスタを使用して設計されているため、負荷電流とドロップアウト電圧に関係なく各LDO当たり115µAという低消費電流を維持します。その他の機能として、短絡回路保護とサーマルシャットダウン保護があります。MAX8559は、2つの独立したロジック制御シャトダウン入力を備えており、バイパスコンデンサなしで動作することができるためシステム全体のサイズをさらに縮小することができます。MAX8559は、小型8バンプUCSP™ (2mm x 1mm)または8ピンTDFN (3mm x 3mm)パッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX8559:標準動作回路 MAX8559:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。