先頭に戻る

4A超低入力電圧LDOレギュレータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 1.4
VIN (V) (max) 3.6
Adj. VOUT (V) (min) 0.5
Adj. VOUT (V) (max) 3.4
Rated ILOAD (mA) 4000
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.1
ICC (µA) (max) 1600
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-10%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
4.36
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 1.4
VIN (V) (max) 3.6
Adj. VOUT (V) (min) 0.5
Adj. VOUT (V) (max) 3.4
Rated ILOAD (mA) 4000
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.1
ICC (µA) (max) 1600
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-10%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
4.36

主な特長

  • 入力電圧範囲:1.425V~3.6V
  • 保証出力電流:4A
  • 全負荷、全電源、および全温度範囲における出力電圧精度:±1%
  • ドロップアウト電圧:100mV (typ) (4A負荷時)
  • ソフトスタート内蔵
  • 動作消費電流:800µA (typ)
  • シャットダウン消費電流:150µA (max)
  • 短絡電流フォールドバック保護
  • 熱過負荷保護
  • ±10%でパワーOK (MAX8556)
  • 140msのパワーオンリセット出力(MAX8557)
  • 高速過渡応答
  • 5mm x 5mmの16ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • 基地局
  • ネットワーキング
  • 光モジュール
  • POL (Point-of-Load)電源
  • サーバおよびストレージ機器

説明

低ドロップアウトリニアレギュレータのMAX8556/MAX8557は1.425Vという低い入力電圧で動作し、わずか100mVの標準ドロップアウト電圧で最大4Aの連続出力電流を供給することができます。出力電圧は、0.5V~VIN - 0.2Vで可変です。

内蔵PチャネルMOSFETパストランジスタを使って設計されたMAX8556/MAX8557は負荷電流とドロップアウト電圧に関係なく800µA (typ)の低消費電流を保ちます。PチャネルMOSFETの使用によって、外付け電源やノイズの多い内蔵チャージポンプが不要になります。その他の機能として、ロジック制御シャットダウンモード、内蔵ソフトスタート、フォールドバック電流制限による短絡保護、サーマル過負荷保護などがあります。MAX8556は、レギュレータ出力がその公称出力電圧の±10%以内になるとハイに遷移するPOK出力を備えています。MAX8557は、出力がその公称出力電圧の90%に達した140ms後にハイに遷移するパワーオンリセット出力を備えています。

MAX8556/MAX8557は、5mm x 5mm、エクスポーズドパドル付き16ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX8556、MAX8557:標準動作回路 MAX8556、MAX8557:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。