先頭に戻る

MAX687、MAX688、MAX689の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX687、MAX688、MAX689の評価キット Dec 01, 1994

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧:3.5V~11V
  • 出力電圧:3.3V
  • 最大出力電流:0.5A
  • シャットダウン電流:0.02µA以下
  • 自己消費電流:150µA
  • 外部PNPパストランジスタ
  • 電流制限:可変
  • 表面実装構成
  • 完全実装、試験済み

アプリケーション/用途

  • ブロードバンドおよび高精細TVシステム
  • 通信システム
  • 高速ケーブルドライバ
  • 医療用画像処理
  • 高精度高速DAC/ADCバッファ
  • ビデオルーティングおよびスイッチングシステム

説明

MAX688評価キット(EVキット)は3.5V~11Vの入力電圧で動作し、3.3Vの安定化出力電圧を提供します。3.5V~5.75Vの入力では、入出力電圧差200mV以下で0.5Aの電流を出力します。パストランジスタでの最大電力消費が1.25W以下に抑えられている限り、更に高い入力電圧(最大11V)も可能です。

MAX688 EVキットは完全実装された試験済み、表面実装プリント基板です。ボードには3.3V出力のMAX688 ICが取り付けられていますが、MAX689 (3.0V出力)またはMAX687 (3.3V出力、自動シャットダウン)の評価に使用することもできます。MAX687用の外付部品を取り付けるために、追加パッドがボードのハンダ面側に設けられています。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX687、MAX688、MAX689の評価キット Dec 01, 1994

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。