先頭に戻る

65V、低自己消費電流、µPリセットおよびウォッチドッグタイマ内蔵、高電圧リニアレギュレータ

車載用および工業用アプリケーションに最適な、高電圧、低自己消費電流リニアレギュレータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 6.5
VIN (V) (max) 65
Adj. VOUT (V) (min) 2.5
Adj. VOUT (V) (max) 11
Rated ILOAD (mA) 150
Preset VOUT (V) 5
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.9
ICC (µA) (max) 140
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-12.5%
Vout-7.5%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
-40 to +125
0 to +70
0 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.89
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 6.5
VIN (V) (max) 65
Adj. VOUT (V) (min) 2.5
Adj. VOUT (V) (max) 11
Rated ILOAD (mA) 150
Preset VOUT (V) 5
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.9
ICC (µA) (max) 140
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-12.5%
Vout-7.5%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
-40 to +125
0 to +70
0 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.89

主な特長

  • 広い動作入力電圧範囲:+6.5V~+65V
  • エクスポーズドパッド付き熱強化型8ピンSOパッケージで1.5Wの消費電力
  • 保証出力電流:150mA
  • 無負荷消費電流:60µA
  • -60V逆バッテリ保護
  • プリセット出力電圧:+3.3Vまたは+5.0V
  • 熱および短絡保護
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃
  • µPリセット回路内蔵
  • タイムアウト期間が1.6秒のウォッチドッグタイマ(MAX5023)
  • レギュレータのイネーブルおよびホールド入力により自己保持回路を作動
  • 可変出力電圧用SET入力(MAX5024)

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • 火災/煙報知器
  • ホームセキュリティ
  • 産業用
  • テレコム/ネットワーキング

説明

高電圧リニアレギュレータのMAX5023/MAX5024は、+6.5V~+65Vの入力電圧で動作し、最大150mAの出力電流を供給します。これらのデバイスは、無負荷の自己消費電流がわずか60µAで、入力での-60V逆バッテリ電圧に耐えます。MAX5023/MAX5024は、レギュレータ出力がプリセットされた出力電圧スレッショルドよりも7.5%または12.5% (選択したデバイスに応じて)だけ低下するとアサートするアクティブローのマイクロプロセッサ(µP)リセット回路を内蔵しています。両デバイスとも、+3.3Vまたは+5Vの固定出力です。これらのデバイスは、短絡保護とサーマルシャットダウンを備えています。

MAX5023/MAX5024は、レギュレータをターンオンまたはターンオフするイネーブル入力に加えて、外付け部品なしで自己保持回路を実現するアクティブローHOLD入力を備えています。レギュレータをイネーブルにした後でアクティブローHOLDをローレベルに設定すると、その後ENがローレベルに設定されてもレギュレータは強制的にオン状態を維持します。アクティブローHOLDを解除すると、レギュレータはシャットダウンされます。

MAX5023は、µPからのパルス列を監視するウォッチドッグ入力を備えており、ウォッチドッグ入力が1.6秒のウォッチドッグタイムアウト時間を超過してハイまたはローレベルが維持されるとリセットパルスを発生します。MAX5024は、SET入力を備えており、これがグランドに接続されると+3.3V (MAX5024S/MAX5024T)または+5V (MAX5024L/MAX5024M)のプリセット出力電圧を選択します。抵抗分圧器ネットワークを介してSETをレギュレータの出力に接続して可変出力電圧を設定してください。

MAX5023/MAX5024は、自動車用温度範囲(-40℃~+125℃)で動作し、放熱効果の高い、表面実装のエクスポーズドパッド付き8ピンSOパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX5023、MAX5024:標準動作回路 MAX5023、MAX5024:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。