先頭に戻る

1.7V~5.5VIN、2A低ノイズLDOリニアレギュレータ、TDFNおよびWLP

MAX38904は最大2Aの出力電流を供給する低ノイズリニアレギュレータ、わずか5.1µVRMSの出力ノイズ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 1.7
VIN (V) (max) 5.5
Adj. VOUT (V) (min) 0.6
Adj. VOUT (V) (max) 5
Rated ILOAD (mA) 2000
Preset VOUT (V) 1.2V to 5.0V
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.05
Ref. Bypass Yes
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-9%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TDFN-CU/14
Budgetary
Price (See Notes)
1.23
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 1.7
VIN (V) (max) 5.5
Adj. VOUT (V) (min) 0.6
Adj. VOUT (V) (max) 5
Rated ILOAD (mA) 2000
Preset VOUT (V) 1.2V to 5.0V
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.05
Ref. Bypass Yes
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-9%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TDFN-CU/14
Budgetary
Price (See Notes)
1.23

主な特長

  • 柔軟な動作範囲を提供
    • 入力電圧範囲:1.7V~5.5V
    • 設定可能な出力電圧:0.6V~5.0V
    • 出力電流:2A (max)
    • ドロップアウト:100mV (max、2A負荷時)
    • シャットダウン消費電流:1.5µA以下
  • ノイズを低減し精度を向上
    • DC精度:±1% (全負荷、ライン、および温度範囲)
    • 出力ノイズ:5.1µVRMS (10Hz~100kHz)
    • 自己消費電流:1.3mA
    • PSRR:70dB以上(10kHz時)
  • 簡便な使用と堅牢な保護を実現
    • 安定出力容量:8µF (min)
    • 設定可能なソフトスタートレート
    • 過電流および過熱保護
    • 出力-入力逆方向電流保護
    • パワーOKステータス端子
  • サイズを小型化、信頼性を向上
    • 14ピンTDFNパッケージ(3mm × 3mm)および5 × 3ピンWLP (2.2mm × 1.37mm、0.4mmピッチ)
    • 動作温度:-40℃~125℃

アプリケーション/用途

  • 通信システム、試験装置、医療機器
  • ハイエンドオーディオシステム
  • 高分解能データ収集システム

説明

低ノイズリニアレギュレータのMAX38904は、1.7V~5.5V VIN、で、最大2Aの出力電流を供給し、出力ノイズは10Hz~100kHzの範囲でわずか5.1µVRMSです。このレギュレータは広い入力電圧範囲で±1%の出力精度を維持し、最大負荷時で必要な入力-出力ヘッドルームはわずか100mVです。無負荷時の消費電流は、ドロップアウト電圧に関係なく1.3mAです。

MAX38904Bの出力電圧は、2つの外付け抵抗を使用することによって0.6V~5.0Vの範囲の値に調整可能です。また、MAX38904BはアクティブハイのPOK信号も備え、トラブルのない負荷起動を実現します。

MAX38904Aは1.2V、1.5V、1.8V、2.5V、3.0V、3.1V、3.3V、4.0V、および5Vの9つの端子選択可能な出力電圧を備えています。

MAX38904のウェハレベルパッケージ(WLP)バージョンは、CおよびDの型番で提供されます。MAX38904Cは外付けフィードバック抵抗を使用して出力電圧を調整し、MAX38904Dは0.7V~5.0Vの範囲で50mVステップで出荷時設定される出力電圧を備えています。

すべてのバージョンで設定可能な出力ソフトスタートレート、出力過電流および熱過負荷保護を備えています。

MAX38904A/Bは14ピンTDFNパッケージ(3mm × 3mm)で提供され、 MAX38904C/Dは5 × 3ピンWLP (2.2mm × 1.37mm、0.4mmピッチ)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX38904A、MAX38904B、MAX38904C、MAX38904D:簡易ファンクションダイアグラム MAX38904A、MAX38904B、MAX38904C、MAX38904D:簡易ファンクションダイアグラム Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。