先頭に戻る

SOTおよびTDFNパッケージのRESET付き、低入力電圧、300mA LDOレギュレータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 1.62
VIN (V) (max) 3.6
Rated ILOAD (mA) 300
Preset VOUT (V) 1
3
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.1
ICC (µA) (max) 140
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 86
Ref. Bypass No
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-17.5%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TDFN/6
TDFN/8
TSOT/6
Budgetary
Price (See Notes)
1.74
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 1.62
VIN (V) (max) 3.6
Rated ILOAD (mA) 300
Preset VOUT (V) 1
3
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.1
ICC (µA) (max) 140
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 86
Ref. Bypass No
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-17.5%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TDFN/6
TDFN/8
TSOT/6
Budgetary
Price (See Notes)
1.74

主な特長

  • 低い最低入力電圧:1.62V
  • 保証出力電流:300mA
  • 全負荷/全入力電圧/全温度範囲の精度:±2.5%
  • 低ドロップアウト電圧:100mV (300mA負荷時)
  • アクティブローRESET出力フラグ:2.2ms (MAX1963A)または70ms (MAX1976A)
  • 負荷やドロップアウト電圧に依存しない消費電流
  • ロジック信号制御によるシャットダウン
  • 熱過負荷/短絡保護
  • プリセット出力電圧:0.75V~3.0V
  • 小型6ピンThin SOT23パッケージ(高さ1.1mm以下)
  • TDFNパッケージ(高さ0.8mm以下)

アプリケーション/用途

  • 携帯/スマート/PDA電話
  • DSC、CD/MP3プレーヤー
  • ノートブック/ハンドヘルドコンピュータ
  • PCMCIAカード

説明

低ドロップアウトリニアレギュレータのMAX1963A/MAX1976Aは+1.62V~+3.6Vの電源で動作し、100mVの低ドロップアウトで300mAの保証連続負荷電流を供給します。高精度(±0.5%)の出力電圧は、+0.75V~+3.0Vの電圧範囲で内部トリミング電圧にプリセットされています。アクティブローのオープンドレインリセット出力は、出力電圧がレギュレーションに達した後も、最低2.2ms (MAX1963A)の間または70ms (MAX1976A)の間、アサートされたままです。これらのデバイスはThin SOT23およびThin DFNパッケージで提供されます。負荷やドロップアウト電圧に関係なく、内蔵pMOSパストランジスタによって低消費電流が維持されるため、これらのデバイスはポータブルバッテリ駆動機器に最適です。

簡易ブロック図

MAX1963A、MAX1976A:標準動作回路 MAX1963A、MAX1976A:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。