先頭に戻る

200mA、負出力、低ドロップアウトリニアレギュレータ、SOT23

超小型、200mA負出力LDO、SOT23パッケージ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) -6.5
VIN (V) (max) -2.5
Adj. VOUT (V) (min) -5.5
Adj. VOUT (V) (max) -1.25
Rated ILOAD (mA) 200
Preset VOUT (V) -5
-3
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.08
ICC (µA) (max) 180
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 160
Ref. Bypass No
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
1.16
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) -6.5
VIN (V) (max) -2.5
Adj. VOUT (V) (min) -5.5
Adj. VOUT (V) (max) -1.25
Rated ILOAD (mA) 200
Preset VOUT (V) -5
-3
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.08
ICC (µA) (max) 180
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 160
Ref. Bypass No
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
1.16

主な特長

  • 保証出力電流:200mA
  • 低ドロップアウト電圧:200mA出力で80mV
  • 低自己消費電流:85µA
  • 低電流シャットダウンモード:1nA
  • 1µF COUTで安定
  • PSRR:100Hzで60dB以上
  • サーマル過負荷保護
  • 短絡保護
  • 出力電圧:-5.0V、-3.0V、-2.5Vの固定電圧、または-1.25V~-5.5V範囲の可変電圧
  • パッケージ:5ピン小型SOT23

アプリケーション/用途

  • 接続製品
  • 携帯電話
  • コードレス電話
  • デジタルカメラおよびカムコーダ
  • 血糖値メータ
  • ハンドヘルド機器(GPS、POS端末)
  • HDDおよびRAID
  • PCアドイン・カード
  • 電源

説明

MAX1735は、-2.5V~-6.5Vの入力電源で動作し、80mVの低ドロップアウトで200mAの電流を保証する負出力、低ドロップアウトのリニアレギュレータです。高精度(±1%)の出力電圧は固定値を設定することも、外部抵抗分圧器を使用して-1.25V~-5.5Vの範囲で調整することもできます。

内部NチャネルMOSFETは、実質的に負荷の大きさに関わりなく消費電流を僅か85µAに維持するため、PDA、セルラ電話、コードレス電話、および無線データモデムなどのバッテリで駆動するポータブル機器に最適です。

この製品は、出力電圧が-5.0V、-3.0Vまたは-2.5Vに固定されたバージョンが用意されています。どのバージョンにも1nAの低電力シャットダウンモード、短絡保護、およびサーマル過負荷保護機能が備わっています。MAX1735は小型5ピンSOT23パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX1735:標準動作回路 MAX1735:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。