先頭に戻る

高温アプリケーション用、超低出力電圧、低自己消費電流リニアレギュレータ

最大100mAを供給する、13µAの低自己消費電流リニアレギュレータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 2.5
VIN (V) (max) 5.5
Adj. VOUT (V) (min) 0.5
Adj. VOUT (V) (max) 3.3
Rated ILOAD (mA) 100
Preset VOUT (V) 1
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.044
ICC (µA) (max) 20
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-17.5%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.08
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 2.5
VIN (V) (max) 5.5
Adj. VOUT (V) (min) 0.5
Adj. VOUT (V) (max) 3.3
Rated ILOAD (mA) 100
Preset VOUT (V) 1
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.044
ICC (µA) (max) 20
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-17.5%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.08

主な特長

  • プリセット出力電圧範囲:0.5V~3.3V
  • 出力電流:最大100mA (TA = +125℃時)
  • 自己消費電流:13µA
  • ロジック制御イネーブル
  • 可変のPOR遅延フラグ
  • リセットタイマのGNDへの短絡保護
  • 同じ電圧の大電流電源とパラレルに使用
  • 熱過負荷および短絡保護
  • エクスポーズドパッド付き、小型8ピンµMAX®パッケージ

アプリケーション/用途

  • ハンドヘルド/ポータブル機器
  • 産業用
  • キープアライブタイマー
  • SDRAM電源

説明

リニアレギュレータのMAX16999は、2.5V~5.5Vの入力電圧で動作し、100mAの連続負荷電流を供給し、約13µA (typ)の低自己消費電流を実現します。出力電圧は、0.5V~3.3Vの範囲に内部調整された電圧にプリセットされています(フルデータシートの「選択ガイド」を参照)。アクティブロー、オープンドレインリセット出力は、出力電圧がレギュレーションに達した後プログラマブルタイムアウト遅延の間、ロー状態を維持します。リセットタイムアウトは、CRESに接続された外付けコンデンサによって設定されます。

また、このデバイスは、ロジック制御シャットダウン、および短絡/熱過負荷保護も備えています。標準的なアプリケーションは、常時オン(Always On)を必要とする、マルチメディア、テレマティックス、およびモータ制御マイクロコントローラ(µC)です。MAX16999は、スリープモード時のµCのコアまたは割込みセクションの給電用にパラレルで低自己消費電流電源として使用されます。また、このデバイスは、µCシャットオフ時にタイマーまたはメモリに給電するために使用することもできます。調整可能なPOR遅延は、電源シーケンスの役に立ちます。

簡易ブロック図

MAX16999:標準動作回路 MAX16999:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。