先頭に戻る

350mA、16.5V入力、低ドロップアウトリニアレギュレータ

省バッテリリニアレギュレータ、消費電流はわずか30µAで、350mAを供給

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 16.5
Adj. VOUT (V) (min) 1.25
Adj. VOUT (V) (max) 16
Rated ILOAD (mA) 350
Preset VOUT (V) 3.3
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.65
ICC (µA) (max) 60
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 2500
Ref. Bypass No
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.49
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 16.5
Adj. VOUT (V) (min) 1.25
Adj. VOUT (V) (max) 16
Rated ILOAD (mA) 350
Preset VOUT (V) 3.3
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.65
ICC (µA) (max) 60
Output Voltage Noise (µV RMS) (typ) 2500
Ref. Bypass No
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. Yes
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.49

主な特長

  • 広入力電圧範囲:2.7V~16.5V
  • 低ドロップアウト:490mV (出力電流350mA、MAX1659)
  • 消費電流:30µA
  • 最大シャットダウン電流:1µA
  • パッケージ:ハイパワー(1.2W) 8ピンSO
  • デュアルモード出力:
    • 固定3.3V (MAX1658)
    • 固定5.0V (MAX1659)
    • または可変(1.25V~16V)
  • サーマル過負荷保護
  • 電流制限保護
  • バッテリ逆挿入保護

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • デジタルコードレス電話
  • エレクトロニックプランナ
  • ハンドヘルド機器(PDA、パームトップ)
  • モデム
  • パームトップコンピュータ
  • PCMCIAカード
  • PCS電話

説明

MAX1658/MAX1659は、超低消費電流および低ドロップアウト電圧特性の組み合わせによって、バッテリ寿命を最大限に延長します。Dual Mode™動作により、3.3V (MAX1658)または5V (MAX1659)の固定出力または1.25V~16Vの可変出力が可能です。本レギュレータは最大350mAの電流を供給し、標準ドロップアウトはMAX1658が650mV、MAX1659が490mVとなっています。これらの素子は、pチャネルMOSFETパストランジスタにより、出力電流0mA~350mAの範囲で(ドロップアウト状態でも)低自己消費電流を維持します。入力電圧は、2.7V~16.5Vとなっています。

MAX1658/MAX1659は、1µAシャットダウンモード、バッテリ逆挿入保護、短絡保護およびサーマルシャットダウン機能を備えています。パッケージは、小型アプリケーション用に特に設計された特殊ハイパワー(1.2W) 8ピンSOで提供されています。

簡易ブロック図

MAX1658、MAX1659:標準動作回路 MAX1658、MAX1659:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。