先頭に戻る

スイッチト出力および過電圧プロテクタ付き、300mA LDOレギュレータ

2つの安定化出力およびロードダンプ保護を提供する、スイッチト出力およびOVPを備えたレギュレータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 5
VIN (V) (max) 40
Adj. VOUT (V) (min) 1.8
Adj. VOUT (V) (max) 11
Rated ILOAD (mA) 300
Preset VOUT (V) 5
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.8
ICC (µA) (max) 92
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-10%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
1.71
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Linear Regulators
VIN (V) (min) 5
VIN (V) (max) 40
Adj. VOUT (V) (min) 1.8
Adj. VOUT (V) (max) 11
Rated ILOAD (mA) 300
Preset VOUT (V) 5
# Regulators 1
VDROPOUT @Rated ILOAD (V) (typ) 0.8
ICC (µA) (max) 92
Low Batt./ Pwr. Fail Out No
POK/Reset Thresh. (V) (nom) Vout-10%
Watchdog No
Reverse Batt. Protect. No
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
1.71

主な特長

  • 300mA LDOレギュレータ、スイッチ出力、およびOVPコントローラ(MAX15009)
  • 300mA LDOレギュレータ、およびスイッチ出力(MAX15011)
  • 広い動作電源電圧範囲:5V~40V
  • ロードダンプ保護:45V
  • LDOレギュレータの消費電流:67µA
  • OVPコントローラはバッテリ過電圧状態時に出力電圧を切断または制限
  • LDOレギュレータはイネーブル、ホールド、およびリセット機能を内蔵
  • スイッチ出力用の内部0.28Ω (typ) nチャネルスイッチ
  • 調整可能な電流制限ブランキング/オートリトライ遅延を備えた100mAスイッチ出力

アプリケーション/用途

  • マルチメディア電源

説明

MAX15009は、後続の回路を高電圧ロードダンプから保護するための300mA LDOレギュレータ、スイッチ出力、および過電圧保護(OVP)コントローラを内蔵しています。MAX15011は、300mA LDOレギュレータとスイッチ出力のみを内蔵しています。いずれのデバイスも、5V~40Vの広い電源電圧範囲で動作し、最大45Vまでのロードダンプトランジェントに耐えることができます。MAX15009/MAX15011は、短絡保護とサーマルシャットダウン保護を備えています。

300mA LDOレギュレータの軽負荷時の自己消費電流は67µAで、バッテリアプリケーションの電源に最適です。このLDOは、独立したイネーブルとホールド入力、および調整可能なリセットタイムアウト期間付きのマイクロプロセッサ(µP)リセット出力を備えています。

MAX15009/MAX15011のスイッチ出力は、LDOレギュレータの出力に内部で接続された低RDS(ON) (0.28Ω、typ)のパストランジスタスイッチを内蔵しています。このスイッチは、高精度の電流制限検出回路を備え、リモート負荷を制御することができます。MAX15009/MAX15011は、調整可能な電流制限、およびプログラマブルな遅延タイマーを備えているため、スイッチの過電流検出ブランキング時間とオートリトライタイムアウトを設定することができます。

OVPコントローラのMAX15009は、外付けエンハンスモードnチャネルMOSFETで動作します。監視対象の電圧が調整可能なスレッショルドより低いと、MOSFETはオンを維持します。監視対象の電圧がOVPスレッショルドより高くなると、OVPコントローラは外部MOSFETを即座にオフにします。このOVPコントローラは、負荷切断スイッチまたは電圧リミッタとして構成することができます。

MAX15009/MAX15011は、放熱特性に優れた32ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX15009、MAX15011:標準動作回路 MAX15009、MAX15011:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。