MAX15007

40V、超低自己消費電流リニアレギュレータ、6ピンTDFN/8ピンSOパッケージ

常時オン車載アプリケーションに最適な9µAの低自己消費電流リニアレギュレータ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX15006/MAX15007は超低自己消費電流リニアレギュレータで、車載用およびバッテリ駆動システム用に最適です。これらのデバイスは4V~40Vの入力電圧で動作し、最大50mAの出力電流を供給して、自己消費電流は無負荷時にわずか10µAです。内蔵pチャネルパスデバイスによって、自己消費電流は全負荷時でも低レベルに維持されます。MAX15007の消費電流は、シャットダウン時にはわずか3µAです。

MAX15006A/MAX15007Aは3.3Vの固定出力電圧、またMAX15006B/MAX15007Bは5Vの固定出力電圧を備えています。MAX15006C/MAX15007Cは1.8V~10Vの可変出力を特長としています。MAX15007は、デバイスをオンまたはオフにするイネーブル入力を備えています。両デバイスとも短絡保護され、熱シャットダウンを備えています。

MAX15006/MAX15007は、自動車用温度範囲(-40℃~+125℃)で動作します。これらのデバイスは、省スペースの3mm x 3mmの6ピンTDFNおよび放熱特性を高めた8ピンSOパッケージで提供されます。
MAX15006、MAX15007:標準動作回路 MAX15006、MAX15007:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 広い動作入力電圧範囲:4V~40V
  • 保証出力電流:50mA
  • 低自己消費電流
    • 10µA (無負荷)および90µA (全負荷)
  • コールドクランク状態まで動作
  • 耐圧:45Vの負荷ダンプ
  • 低ドロップアウト電圧:300mV (MAX15006B/MAX15007B)
  • 2.2µFの小型出力コンデンサで安定動作
  • イネーブル入力(MAX15007)
  • プリセット出力電圧:3.3Vおよび5.0V
  • 1.8V~10Vの可変出力(MAX15006C/MAX15007C)
  • 熱および短絡保護
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃
  • 放熱特性を高めた3mm x 3mmの6ピンTDFN/8ピンSOパッケージ

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • 産業用
  • ネットワーキング
  • テレコム
  • タイヤ圧監視

Pricing Notes:
This pricing is BUDGETARY, for comparing similar parts. Prices are in U.S. dollars and subject to change. Quantity pricing may vary substantially and international prices may differ due to local duties, taxes, fees, and exchange rates. For volume-specific and version-specific prices and delivery, please see the price and availability page or contact an authorized distributor.

MAX5216LPT: 4~20mAループ駆動トランスミッタのリファレンスデザインの評価キット
製品の信頼性レポート: MAX15007.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX25210
Automotive Ultra Low Quiescent Current Linear Regulator Family

  • Enables System Designers to Meet Stringent Module Requirements for 100μA Quiescent Current
  • Tiny Output Capacitors Reduce Board Space and BOM Cost
  • Accurate Active-Low RESET Output with Adjustable Delay Eliminates Need for Separate Reset IC