先頭に戻る

40V、超低自己消費電流リニアレギュレータ、6ピンTDFN/8ピンSOパッケージ

常時オン車載アプリケーションに最適な9µAの低自己消費電流リニアレギュレータ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 広い動作入力電圧範囲:4V~40V
  • 保証出力電流:50mA
  • 低自己消費電流
    • 10µA (無負荷)および90µA (全負荷)
  • コールドクランク状態まで動作
  • 耐圧:45Vの負荷ダンプ
  • 低ドロップアウト電圧:300mV (MAX15006B/MAX15007B)
  • 2.2µFの小型出力コンデンサで安定動作
  • イネーブル入力(MAX15007)
  • プリセット出力電圧:3.3Vおよび5.0V
  • 1.8V~10Vの可変出力(MAX15006C/MAX15007C)
  • 熱および短絡保護
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃
  • 放熱特性を高めた3mm x 3mmの6ピンTDFN/8ピンSOパッケージ

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • 産業用
  • ネットワーキング
  • テレコム
  • タイヤ圧監視

説明

MAX15006/MAX15007は超低自己消費電流リニアレギュレータで、車載用およびバッテリ駆動システム用に最適です。これらのデバイスは4V~40Vの入力電圧で動作し、最大50mAの出力電流を供給して、自己消費電流は無負荷時にわずか10µAです。内蔵pチャネルパスデバイスによって、自己消費電流は全負荷時でも低レベルに維持されます。MAX15007の消費電流は、シャットダウン時にはわずか3µAです。

MAX15006A/MAX15007Aは3.3Vの固定出力電圧、またMAX15006B/MAX15007Bは5Vの固定出力電圧を備えています。MAX15006C/MAX15007Cは1.8V~10Vの可変出力を特長としています。MAX15007は、デバイスをオンまたはオフにするイネーブル入力を備えています。両デバイスとも短絡保護され、熱シャットダウンを備えています。

MAX15006/MAX15007は、自動車用温度範囲(-40℃~+125℃)で動作します。これらのデバイスは、省スペースの3mm x 3mmの6ピンTDFNおよび放熱特性を高めた8ピンSOパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX15006、MAX15007:標準動作回路 MAX15006、MAX15007:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。