先頭に戻る

4mm x 4mm TQFN、2個のLDO付き、1倍/1.5倍/2倍白色LEDチャージポンプ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 最大8個のLEDに給電
    • バックライト用、LED当り最大30mAの駆動
    • フラッシュ用、合計で最大400mAの駆動
  • 2個の200mAの低ノイズLDOを内蔵
  • 効率:94% (max)/85% (平均) (PLED/PBATT) (リチウムイオン(Li+)バッテリ放電時)
  • LED電流マッチング:0.2% (typ)
  • 適応型1倍/1.5倍/2倍モード切替え
    • 輝度制御用単線式シリアルパルスインタフェース(32ステップ)
    • 2ビットロジック(3レベル)
  • TA温度ディレーティング機能
  • 小さい入力リップルおよびEMI
  • 電源電圧範囲:2.7V~5.5V
  • ソフトスタート、過電圧、およびサーマルシャットダウン保護
  • 4mm x 4mmの28ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

説明

チャージポンプのMAX8645X/MAX8645Yは安定化された定電流によって最大8個の白色LEDを駆動し、輝度を均一化します。LEDのメイングループ(M1~M6)をLED当り最大30mAまでバックライト用に駆動することができます。LEDのフラッシュグループ(F1およびF2)を個別に制御し、LED当り最大200mA (または合計400mA)まで駆動することができます。2個の200mA LDOがカメラ機能用に給電するために実装されています。LDOの出力電圧は、さまざまなカメラモジュール要件に対応するように端子で設定可能です。MAX8645XおよびMAX8645Yは、LDO出力電圧のみが異なります。適応型1倍/1.5倍/2倍チャージポンプモードと超低ドロップアウト電流レギュレータを使用すると、MAX8645X/MAX8645Yは1セルのリチウムバッテリ電圧の全範囲で高効率が実現されます。1MHzの固定周波数スイッチングによって外付け部品が小型化され、EMIと入力リップルを低減するようにレギュレーション回路が最適化されています。

MAX8645X/MAX8645Yは、4mm x 4mmの鉛フリー、28ピンTQFNパッケージ(最大高0.8mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX8645X、MAX8645Y:標準動作回路 MAX8645X、MAX8645Y:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。