先頭に戻る

1.6A、適応型DC-DCステップアップコンバータ、ハイサイドフラッシュドライバ内蔵

モバイルアプリケーション用高効率1.6Aフラッシュドライバ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 動作範囲:2.0V~5.5V
    • 2.5V~5.5V (フル機能動作時)
    • 2.0V~2.5V (データ保持動作時)
  • ステップアップDC-DCコンバータ
    • 保証出力電流:1.6A (VIN ≥ 3.0VおよびVOUT ≤ 4.2Vの場合)
    • 適応型出力電圧安定化によって最大90%までの非常に高いシステム効率を実現
    • デューティサイクル:最低3.125%
    • パワーMOSFETおよび同期整流器内蔵
    • PWMスイッチング周波数:1MHz/2MHz/4MHz
    • 小型1µHインダクタ
  • ハイサイドフラッシュ/トーチ/インジケータLED電流レギュレータ
    • I2C設定可能なフラッシュ出力電流:100mA~1600mA (100mAステップ)
    • I2C設定可能なトーチ出力電流:30mA~100mA (10mAステップ)
    • I2C設定可能なインジケータ出力電流:1mA~16mA (1mAステップ)
    • フラッシュモード適応型安定化電圧:150mV (typ)
    • トーチモード低ドロップアウト電圧:100mV (max)
  • I2C設定可能なフラッシュセーフティタイマー
  • LEDオープン/ショート検出
  • TxマスクによってTxイベント時の出力電流を低減
  • 過電圧保護
  • サーマルシャットダウン保護
  • シャットダウン電流:1µA
  • 16ピンWLPパッケージ(2.065mm x 2.065mm、0.5mmピッチ)

アプリケーション/用途

  • 携帯電話およびスマートフォン

説明

MAX77342は、1.6A PWM DC-DCステップアップコンバータと3つの設定可能なハイサイド、低ドロップアウトLED電流レギュレータを集積することによって、携帯電話カメラのフラッシュアプリケーション用の高効率ソリューションを提供します。I2Cインタフェースによって、ステップアップコンバータ、インジケータ、アシスト、トーチ、フラッシュモード選択や、フラッシュのセーフティタイマー時間設定を柔軟に制御することができます。

このデバイスは、最低2.5Vまで動作するため、新しいバッテリ技術に対しても将来的に使い続けることができます。ステップアップコンバータは、スイッチングMOSFETと同期整流器を内蔵し、効率を向上し、外付け部品数を最小限に抑えます。3つのハイサイド、大電流レギュレータは、インジケータ、アシスト、トーチ、フラッシュモードに対するサポートを提供します。これらは、フラッシュモードで最大1600mA、トーチおよびアシストライトモードで100mA、およびインジケータで16mAを供給することが可能です。出力電圧は、適応的に制御され、フラッシュモードで要求されるLED順電圧のサポートに最低必要な高さの電圧にステップアップします。この方式では、ステップアップ比を最適化し、電流レギュレータの損失を最小限に抑えることによって、ICの消費電力を低減します。トーチ、アシストライト、およびインジケータでは、電流レギュレータはINから直接給電され、最高システム効率を提供します。

さらに、このデバイスは低入力電圧保護機能を備え、低バッテリ状態のときにフラッシュ電流を低減して、システムの低電圧ロックアップを防止します。その他の機能には、LEDショート検出、過電圧およびサーマルシャットダウン保護、低電力スタンバイおよびシャットダウンモードが含まれます。MAX77342は、16ピンWLPパッケージ(2.065mm x 2.065mm、0.5mmピッチ)で提供されます。

デザインソリューション:How to Power Your QSFP-DD Optical Transceiver ›

簡易ブロック図

MAX77342:簡易ブロックダイアグラム MAX77342:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。