先頭に戻る

車載高電圧HB LEDコントローラ

小型で柔軟なLEDドライバコントローラ、車載LED照明アプリケーション用

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for LED Drivers
VIN (V) (min) 5
VIN (V) (max) 48
Max. No. of LEDs 15
# LED Channels 1
Regulation Topology Inductor Based
LED Configuration Series
ILED per Channel (A) (max) 1.5
PWM Dimming Freq. (kHz) (max) 2
Dimming Ratio (max) 5000
Dimming Control Analog
Analog Controlled PWM
PWM
VCURR_SENSE (mV) 200
POUT (W) 50
ICC (mA) (max) 5
LED String Volt. (V) (max) 65
Switching Frequency (kHz) 2200
Package/Pins TQFN-CU/12
TSSOP-CU/14
Budgetary
Price (See Notes)
1.38
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート 車載高電圧HB LEDコントローラ Oct 16, 2019

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for LED Drivers
VIN (V) (min) 5
VIN (V) (max) 48
Max. No. of LEDs 15
# LED Channels 1
Regulation Topology Inductor Based
LED Configuration Series
ILED per Channel (A) (max) 1.5
PWM Dimming Freq. (kHz) (max) 2
Dimming Ratio (max) 5000
Dimming Control Analog
Analog Controlled PWM
PWM
VCURR_SENSE (mV) 200
POUT (W) 50
ICC (mA) (max) 5
LED String Volt. (V) (max) 65
Switching Frequency (kHz) 2200
Package/Pins TQFN-CU/12
TSSOP-CU/14
Budgetary
Price (See Notes)
1.38

主な特長

  • 車載対応:AEC-Q100認定
  • 集積によって高輝度LEDドライバの部品数を最小化
    • pMOS調光 FETゲートドライバの内蔵によってLEDストリングへのシングルワイヤ接続が可能
    • PWM、アナログ- PWM、およびアナログ調光
    • ハイサイド、電流検出アンプ内蔵
    • 12ピンSWTQFN-EPパッケージ
  • 柔軟なアプリケーション構成
    • 広い入力電圧範囲:+5V~+36V、ブースト出力:最大+65V
    • ブースト、バックブースト、ハイサイドバック、SEPIC、Zeta、およびCukシングルチャネルLEDドライバ
  • 保護機能および広い温度範囲によってシステムの信頼性を向上
    • 短絡、過電圧、および熱保護
    • 動作温度範囲:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • 車載エクステリア照明
  • 民生、産業、および建築用照明
  • 日中走行用ライト(DRL)
  • フォグライトおよび適応型フロントライトアセンブリ
  • ヘッドアップディスプレイ
  • ハイビーム/ロービーム/ウィンカー/ポジションライト

説明

MAX25611A/MAX25611B/MAX25611C/MAX25611Dは、ハイビーム、ロービーム、日中走行用ライト(DRL)、ウィンカー、フォグランプ、およびその他のLEDライトなどの車載フロントライトアプリケーション用のシングルチャネルHBLEDドライバです。5V~36Vの入力電圧を許容し、最大出力電圧65VでLEDストリングを駆動することができます。

MAX25611A/B/C/Dは、LEDストリングのハイサイドの出力電流を検出します。ハイサイド電流検出は、出力からグランドまたはバッテリ入力への短絡に対する保護のために必要です。また、これはLED駆動用の最も柔軟な方式で、ブースト、ハイサイドバック、SEPICモード、またはバックブーストモードの構成が可能です。PWM入力は最大5000:1のLED調光比を提供し、REFI入力はMAX25611A/B/C/D内の追加のアナログ調光機能を提供します。MAX25611A/B/C/Dは、電磁環境適合性性能を向上させるスペクトラム拡散変調を内蔵しています。MAX25611A/B/C/Dは、一部のアプリケーションで必要な場合、ZetaおよびCukコンバータ構成で使用することも可能です。

MAX25611A/B/C/Dは省スペースの12ピンSWTQFN-EPパッケージで提供されます。これらのデバイスは、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。スイッチング周波数は、内部で350kHz (MAX25611A/MAX25611Cの場合)および2.2MHz (MAX25611B/MAX25611Dの場合)に設定されています。

デザインソリューション:Light the Way with a Flexible, High-Dimming Ratio Automotive LED Driver ›

簡易ブロック図

MAX25611A、MAX25611B、MAX25611C、MAX25611D:簡易アプリケーション回路 MAX25611A、MAX25611B、MAX25611C、MAX25611D:簡易アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

データシート 車載高電圧HB LEDコントローラ Oct 16, 2019

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。