先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX20444の評価キット Aug 10, 2018

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • MAX20444の堅牢性を実証
  • 広い入力動作範囲:4.5V~36V (最大52Vのロードダンプ)
  • 中~大型の車載LCDディスプレイおよびディスプレイバックライトアプリケーション用HB LED (最大4ストリング)に給電
  • 抵抗で設定可能なスイッチング周波数:400kHz~2.2MHz (スペクトラム拡散オプション内蔵)
  • 位相シフト調光オプション
  • サイクル単位の電流制限およびサーマルシャットダウン機能を実証
  • 広い調光比を実証
  • フェイルセーフ動作を実証
  • I2C設定可能
  • 専用GUI
  • 実証済みPCBおよびサーマル設計
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 中央情報ディスプレイ
  • インフォテイメントディスプレイ
  • 計器クラスタ

説明

MAX20444の評価キット(EVキット)は、車載ディスプレイ用のブーストコントローラおよびI2Cインタフェース内蔵集積型、4チャネル、高輝度LEDドライバのMAX20444を実証します。

このEVキットは4.5V~36Vの範囲のDC電源電圧で動作し、スイッチング周波数は2.2MHzまたは400kHzのいずれかに設定可能です。このEVキットは、スタンドアロンモードまたはI2Cモードで動作するように設定可能です。スペクトラム拡散モード(SSM)はデフォルトでイネーブルされEMIを向上させますが、レジスタビットを介してディセーブルすることも可能です。このEVキットは位相シフトパルス幅変調(PWM)調光を実証し、これはDIM PCBパッドに印加するPWM信号を使用して外部で行うか、またはI2Cを使用して目的の調光周波数および個別のデューティサイクルを設定することによって内部で行うことができます。ハイブリッド調光機能も、レジスタビットを介してイネーブルしてEMIを低減することが可能です。また、このEVキットは短絡LED、オープンLED、ブースト出力低電圧/過電圧、および過熱に対するフォルト保護機能も実証します。

2.2MHzまたは400kHz以外のスイッチング周波数で動作させる場合は、MAX20444 ICのデータシートに記載された計算に従って外付け部品を選択してください。

このEVキットはI2Cインタフェースを提供し、MINIQUSB+アダプタボードまたはサードパーティ製I2Cマスターと組み合わせて動作可能です。また、このEVキットはICの機能を実行するための簡素なグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を提供するWindows®対応ソフトウェアも備えています。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX20444の評価キット Aug 10, 2018

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。