先頭に戻る

デュアルチャネル同期整流バック、高輝度LEDコントローラ、SPIインタフェース内蔵および非内蔵

デュアルチャネル超高速応答時間バックコントローラ、オーバーシュート/アンダーシュートなし

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for LED Drivers
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 65
Max. No. of LEDs 15
# LED Channels 2
Regulation Topology Inductor Based
LED Configuration Series
ILED per Channel (A) (max) 30
PWM Dimming Freq. (kHz) (max) 20
Dimming Ratio (max) 10000
Dimming Control Analog
PWM
SPI Serial
VCURR_SENSE (mV) 200
POUT (W) 100
ICC (mA) (max) 10
LED String Volt. (V) (max) 60
Switching Frequency (kHz) 100
250
262
300
500
700
750
1000
Package/Pins TQFN-CU/32
Budgetary
Price (See Notes)
3.52
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for LED Drivers
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 65
Max. No. of LEDs 15
# LED Channels 2
Regulation Topology Inductor Based
LED Configuration Series
ILED per Channel (A) (max) 30
PWM Dimming Freq. (kHz) (max) 20
Dimming Ratio (max) 10000
Dimming Control Analog
PWM
SPI Serial
VCURR_SENSE (mV) 200
POUT (W) 100
ICC (mA) (max) 10
LED String Volt. (V) (max) 60
Switching Frequency (kHz) 100
250
262
300
500
700
750
1000
Package/Pins TQFN-CU/32
Budgetary
Price (See Notes)
3.52

主な特長

  • 高集積によって高輝度LEDドライバのBOMを最小化し、スペースおよびコストを節約
    • 広入力電圧範囲:4.5V~65V
    • 補償部品が不要
    • 設定可能なスイッチング周波数
    • 適切な電流に応じて外部MOSFETのサイズを設定可能
  • 広い調光比によって高コントラスト比が可能
    • アナログ調光
    • PWM調光
  • マトリックス照明に最適
    • ストリング内の個別LEDの短絡/オープン時に電流安定化を維持
    • 超高速応答制御ループによってオーバーシュート/アンダーシュートを防止
  • 保護機能と広い温度範囲によってシステムの信頼性を向上
    • 短絡、過電圧、および熱保護
    • 動作温度範囲:-40℃~+125℃
    • 熱モニタおよびLED電流モニタ
  • SPIインタフェースを介した(SPIインタフェースなしのアプリケーションではFLTB端子を介した)フォルト診断

アプリケーション/用途

  • 車載エクステリア照明
  • 民生、産業、および建築用照明
  • 日中走行用ライト(DRL)
  • フォグライトおよび適応型フロントライトアセンブリ
  • ハイビーム/ロービーム/シグナルランプ/ポジションランプ

説明

MAX20096/MAX20097はデュアルチャネル、高電圧、同期整流nチャネル大電流バックLEDドライバです。これらのICは、独自の平均電流モード制御方式を使用してインダクタ電流を安定化します。この制御方式は制御ループ補償が不要で、ほぼ一定のスイッチング周波数を維持します。インダクタ電流検出は、下側のスイッチングデバイスの電流を検出することによって実現されます。これらのICは、2つの完全同期整流バックコンバータコントローラを内蔵し、広い4.5V~65Vの入力範囲で動作します。これらのICは高周波数動作用に設計されており、最大1MHzのスイッチング周波数で動作可能です。

MAX20096では、SPIインタフェースを介して両方のチャネルの出力電圧/電流およびジャンクション温度を読み取ることができます。保護機能として、インダクタ電流制限保護、過電圧保護、およびサーマルシャットダウンがあります。MAX20096は省スペースかつ放熱特性を高めた32ピン側面濡れ性TQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

MAX20097は放熱特性を高めた28ピンTSSOPパッケージで提供されますが、SPIインタフェースを備えていません。このデバイスはオープンドレインのフォルトフラグ(FLTB)を内蔵し、いずれかのチャネルでオープンストリング、短絡ストリング、または過電圧アクティベーションが発生した場合、またはサーマルシャットダウン時にもローになります。

デザインソリューション:Improve Matrix Lighting with the Next Generation of LED Controllers and Switches ›


マトリクスおよびピクセル照明用車載HB LEDコントローラ

簡易ブロック図

MAX20096、MAX20097:ブロックダイアグラム AX20096、MAX20097:ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。