先頭に戻る

2A同期整流バックLEDドライバ、MOSFET内蔵

車載および一般照明設計を簡素化する高性能、小型、および効率的なバックLEDドライバ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for LED Drivers
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 65
Max. No. of LEDs 15
# LED Channels 1
Regulation Topology Inductor Based
LED Configuration Series
ILED per Channel (A) (max) 2
PWM Dimming Freq. (kHz) (max) 2
Dimming Ratio (max) 1000
Dimming Control Analog
PWM
VCURR_SENSE (mV) 200
POUT (W) 50
ICC (mA) (max) 10
LED String Volt. (V) (max) 60
Switching Frequency (kHz) 400
Package/Pins TDFN-CU/12
Budgetary
Price (See Notes)
1.42
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for LED Drivers
VIN (V) (min) 4.5
VIN (V) (max) 65
Max. No. of LEDs 15
# LED Channels 1
Regulation Topology Inductor Based
LED Configuration Series
ILED per Channel (A) (max) 2
PWM Dimming Freq. (kHz) (max) 2
Dimming Ratio (max) 1000
Dimming Control Analog
PWM
VCURR_SENSE (mV) 200
POUT (W) 50
ICC (mA) (max) 10
LED String Volt. (V) (max) 60
Switching Frequency (kHz) 400
Package/Pins TDFN-CU/12
Budgetary
Price (See Notes)
1.42

主な特長

  • 車載対応:AEC-Q100認定済み
  • 完全同期整流2Aステップダウンコンバータ、0.14Ω (typ) MOSFET内蔵
  • 広入力電源範囲:4.5V~65V
  • 2つのスイッチング周波数オプション:400kHzおよび2.1MHz
  • 内部ループ補償(MAX20050/MAX20052)および外部ループ補償(MAX20051/MAX20053/MAX20053D)オプション
  • スイッチング周波数をPWM調光に同期
  • アクティブローのフォルト(FLT)インジケータ
  • 出力短絡保護
  • ハイサイド電流レギュレーションによってLEDストリングへの1つの接続を除去
  • スペクトラム拡散モードによってEMIの問題を軽減
  • 低い200mVフルスケールのハイサイド電流検出電圧
  • REFI端子によってLED電流をゼロまで調整
  • PWM調光はハイサイドとローサイドの両方のMOSFETドライバを切断
  • 5V、10mA LDO出力によって他の回路にバイアスを提供
  • 超低シャットダウン電流:5µA (typ)
  • 出力過負荷、短絡、および過熱保護
  • 12ピンTDFN (3mm × 3mm)、14ピンTSSOP (5mm × 4.4mm)、および24ピンTQFN (4mm × 4mm)パッケージオプション

アプリケーション/用途

  • クリアランスランプ(CLL)
  • 民生、産業、および建築用照明
  • コーナリングランプ(CL)
  • 日中走行用ライト(DRL)
  • ドライバー監視システム(DMS)
  • フォグランプ
  • ヘッドライト
  • テールランプ

説明

MAX20050~MAX20053は、車載エクステリア照明アプリケーション用の高輝度LED (HB LED)ドライバです。これらのデバイスはMOSFETを内蔵した完全同期整流ステップダウンコンバータで構成され、最小限の外付け部品数で、LEDの直列ストリングを最大2Aで駆動することができます。MAX20050/MAX20052は内部ループ補償を利用して部品数を最小限に抑えるのに対し、MAX20051/MAX20053/MAX20053Dは外部補償を使用して完全な柔軟性を実現します。

広い4.5V~65Vの入力電源範囲は、極限の車載コールドクランクおよびロードダンプ状態に対応します。低と高のスイッチング周波数オプション(400kHzまたは2.1MHz)は、ソリューションサイズまたは効率を最適化する柔軟性を設計者に提供し、AM帯域内の干渉を防止します。スペクトラム拡散は設計者がシステムレベルでEMIを低減するためのさらなるオプションを提供します。MAX20050/MAX20051は内部スイッチング周波数が400kHzで、MAX20052/MAX20053は内部スイッチング周波数が2.1MHzです。

ハイサイド電流レギュレーションによってLEDストリングへの必要な接続は1つのみで、ストリングの接地はローカルで行うことができます。PWM調光に加えて、これらのICはREFI端子を使用してアナログ調光を提供します。フルスケール電流レギュレーション精度は±2.5%で、フルスケールの10%での精度は-40℃~+125℃の全温度範囲にわたって±8%です。他の回路のバイアス用に5V、10mA LDO出力が利用可能です。

フォルト保護機構は、出力過負荷、短絡、およびデバイス過熱保護を含んでいます。これらのデバイスは-40℃~+125℃の全温度範囲での動作が保証され、放熱特性を高めた12ピンTDFN (3mm × 3mm)およびエクスポーズドパッドを備えた14ピンTSSOP パッケージ(5mm × 4.4mm)で提供されます。

デザインソリューション:Driver Monitoring Systems Need a New Breed of IR-LED Drivers ›

簡易ブロック図

MAX20050、MAX20051、MAX20052、MAX20053:ブロックダイアグラム MAX20050、MAX20051、MAX20052、MAX20053:ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。