先頭に戻る

EEPROMプログラマブル、高電圧、LED電流フォールドバック付き、350mA LEDドライバ

µCまたはスイッチモードコンバータが不要な、高電流リニアLEDドライバ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • EEPROMまたはI²Cでダイナミックにプログラマブル
    • 高入力電圧に対してLED電流フォールドバック
    • LED電流リファレンス
    • LED電流熱フォールドバック(MAX16806)
  • 200Hzの内蔵ランプジェネレータによって、µCのPWM信号が不要
  • PWMまたは劇場用調光用のフレキシブルなアナログまたはPWM制御
  • モーメンタリスイッチ用のウェッティング電流およびバウンス防止(MAX16806)
  • 最大39Vの出力能力と5.5V~40V入力
  • 可変LED電流:35mA~350mA
  • 波形整形によって調光中のEMIを最低限に抑制
  • 出力短絡および温度過昇保護
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • 緊急車両用警報ライト
  • ナビゲーションおよび航海ナビゲータ

説明

LEDドライバのMAX16805/MAX16806は、マイクロコントローラまたはスイッチモードコンバータが不要です。EEPROMでプログラマブルなLED電流検出リファレンスは、1個の検出抵抗で全LEDビンのLED電流を設定することによって、製造が簡素化されます。デュアルモードDIM端子と内蔵200Hzランプジェネレータによって、アナログまたはPWM制御信号によるPWM調光が可能です。調光入力DIMへのアナログ制御信号によって、「劇場用調光」効果を実装することができます。高速のターンオン/オフ時間によって、広範囲のPWM動作が可能になり、他方、波形整形回路がEMIを最低限に抑制します。EEPROMでプログラマブルなLED電流フォールドバックによって、高入力電圧での動作が可能になり、他方、大型ヒートシンクを備えるコストとスペースを節約することができます。MAX16806は、LED電流をフォールドバックすることによって、外付け温度センサと連携して、LEDの最大ジャンクション温度を維持管理します。熱フォールドバックの温度の立上りと傾きは、EEPROMでプログラマブルです。MAX16806のSW端子は、モーメンタリスイッチに必要なウェッティング電流を供給します。

簡易ブロック図

MAX16805、MAX16806:標準動作回路 MAX16805、MAX16806:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。