先頭に戻る

500mAプッシュプルトランスドライバ、絶縁型電源用

絶縁型電源の設計を簡素化

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

全て表示する
Parametric specs for Transformer Drivers
VIN (V) (min) 3
VIN (V) (max) 5.5
Driver Output Resistance (Ω) (max) 0.3
Max. IOUT (A) 0.5
Topology Push-Pull
ICC (mA) (max) 3.5
Package/Pins TDFN-CU/8
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Budgetary
Price (See Notes)
3.16
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Transformer Drivers
VIN (V) (min) 3
VIN (V) (max) 5.5
Driver Output Resistance (Ω) (max) 0.3
Max. IOUT (A) 0.5
Topology Push-Pull
ICC (mA) (max) 3.5
Package/Pins TDFN-CU/8
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Budgetary
Price (See Notes)
3.16

主な特長

  • シンプルかつフレキシブルな設計
    • 電源範囲:+3.0V~+5.5V
    • 低RON:300mΩ (max) (4.5V時)
    • 高効率:90% (max)
    • トランスに最大500mAを供給
    • 内部発振器周波数:250kHzまたは600kHz
    • 温度範囲:-40℃~+125℃
  • システム保護内蔵
    • 低電圧ロックアウト
    • サーマルシャットダウン
  • 基板スペースを節約
    • 小型8ピンTDFNパッケージ(2mm x 3mm)

アプリケーション/用途

  • 絶縁型アナログフロントエンド
  • 絶縁型フィールドバスインタフェース
  • 医療用機器
  • パワーメーターデータインタフェース

説明

MAX258は、絶縁型電源用にシンプルなソリューションを提供するように設計された500mAプッシュプルトランスドライバです。このICは、発振器を内蔵し、+3.0V~+5.5Vの単一電源で動作します。トランスの2次側/1次側巻数比によって出力電圧が定義されるため、ガルバニック絶縁を備えたほぼ任意の絶縁型出力電圧を選択可能です。

このデバイスは、1組のnチャネルパワースイッチを駆動する発振器を内蔵しています。内部回路は、トランスへのDC電流フローを防ぐために固定の50%デューティサイクルを保証しています。

このICは、最大500mAの連続電流で動作し、低電圧ロックアウトおよびサーマルシャットダウンを備えています。

このICは、低電流シャットダウンモードを備え、ドライバのディセーブル時に全体の消費電流を5µA (max)以下に低減します。

MAX258は、小型8ピンTDFNパッケージ(2mm x 3mm)で提供され、-40℃~+125℃の温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX258:標準動作回路 MAX258:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。