先頭に戻る

2次側同期整流を備えたフォトカプラ不要フライバックのMAX17690の評価キット

製品の詳細

MAX17690Dの評価キット(EVキット)は、2次側同期整流を備えた絶縁型15Wフォトカプラ不要フライバックDC-DCコンバータの動作を実証する、完全実装および試験済みの回路基板です。この回路は、エクスポーズドパッドを備えた16ピンTQFNパッケージに封止されたフォトカプラ不要フライバックコントローラのMAX17690を使用して実装されています。2次側の同期整流は、2次側ダイオードをMOSFETに置き換えることによって実現され、89.6%の効率を達成します。この回路は、6ピンSOT23パッケージに封止された2次側同期整流器ドライバのMAX17606を使用して2次側 MOSFETを駆動します。

このEVキットの出力は絶縁型+5V用に構成されており、最大3Aの出力電流を提供します。このEVキットは、200kHzのスイッチング周波数で動作するように設定されています。トランスは入力と出力間に最大1500VRMSのガルバニック絶縁を提供します。このEVキットは、出力電圧フィードバック用の補助巻線/フォトカプラを使用することなく、全ライン、負荷、および温度範囲にわたって出力電圧を±5%以内に安定化します。

主な機能

  • 入力範囲:18V~36V
  • 絶縁型出力:5V/3A DC
  • 高周波数(200kHz)スイッチングの小型デザイン
  • フィードバック信号の取得にフォトカプラ/3次巻線は不要
  • ピーク効率:89.6%
  • ガルバニック絶縁:最大1500VRMS
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

    アプリケーション/用途

    • 産業およびテレコムアプリケーション
    • 絶縁型フライバックコンバータ
    • PLC I/Oモジュール
    • ワイドレンジDC入力絶縁型電源

    技術資料

    設計と開発

    以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

    /jp/design/design-tools/ee-sim.html?

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

    パラメーター

    主な機能

    • 入力範囲:18V~36V
    • 絶縁型出力:5V/3A DC
    • 高周波数(200kHz)スイッチングの小型デザイン
    • フィードバック信号の取得にフォトカプラ/3次巻線は不要
    • ピーク効率:89.6%
    • ガルバニック絶縁:最大1500VRMS
    • 実証済みPCBレイアウト
    • 完全実装および試験済み

      アプリケーション/用途

      • 産業およびテレコムアプリケーション
      • 絶縁型フライバックコンバータ
      • PLC I/Oモジュール
      • ワイドレンジDC入力絶縁型電源

      説明

      MAX17690Dの評価キット(EVキット)は、2次側同期整流を備えた絶縁型15Wフォトカプラ不要フライバックDC-DCコンバータの動作を実証する、完全実装および試験済みの回路基板です。この回路は、エクスポーズドパッドを備えた16ピンTQFNパッケージに封止されたフォトカプラ不要フライバックコントローラのMAX17690を使用して実装されています。2次側の同期整流は、2次側ダイオードをMOSFETに置き換えることによって実現され、89.6%の効率を達成します。この回路は、6ピンSOT23パッケージに封止された2次側同期整流器ドライバのMAX17606を使用して2次側 MOSFETを駆動します。

      このEVキットの出力は絶縁型+5V用に構成されており、最大3Aの出力電流を提供します。このEVキットは、200kHzのスイッチング周波数で動作するように設定されています。トランスは入力と出力間に最大1500VRMSのガルバニック絶縁を提供します。このEVキットは、出力電圧フィードバック用の補助巻線/フォトカプラを使用することなく、全ライン、負荷、および温度範囲にわたって出力電圧を±5%以内に安定化します。

      技術資料

      サポートとトレーニング

      ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

      絞り込まれた検索

      マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。