先頭に戻る

絶縁型+7V/+5V出力構成MAX17681の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧範囲:17V~36V
  • +7V/200mAまたは+5V/100mA連続電流
  • EN/UVLO入力
  • スイッチング周波数:200kHz
  • 過電流保護
  • フォトカプラ不要
  • 最大出力電力:1.4W
  • 過熱保護
  • 実証済みPCBレイアウト

アプリケーション/用途

  • フローティング電源生成
  • 絶縁型フィールドバスインタフェース
  • 医療機器の絶縁型電源
  • PLC I/Oモジュール
  • スマートメーター

説明

MAX17681EVKITDは、高効率、絶縁型バックDC-DCコンバータのMAX17681の性能を実証する完全実装および試験済み回路基板です。このEVキットは、17V~36Vの広い入力電圧範囲で動作し、1次側フィードバックを使用して出力電圧を安定化します。このEVキットは、2つの出力構成を備えています。第1構成では、出力は±8%の出力電圧レギュレーションで、200mAで+7Vに設定されています。第2構成では、ポストレギュレータ(MAX17651)を使用して±3%以下のレギュレーションで、100mAで+5Vを生成します。

このEVキットは、10ピンTDFNパッケージ(3mm x 2mm)のMAX17681および6ピンTSOTパッケージのMAX17651が実装されています。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。