絶縁型電源

絶縁型電源は、2つの回路を直接接続することなく1つの回路からもう1つの回路へと電力を伝送します。電力絶縁は、高電圧に晒されることから電子的負荷および機器の操作者を保護します。また、電力絶縁はグランドループも防ぎます。グランドループは寄生電流を発生させ、出力電圧安定化が乱れ、導電トレースのガルバニック腐食を招く可能性があります。絶縁型電源は、敏感な負荷の保護および機器の長期的信頼性が問題となる産業用、民生用、および通信アプリケーションで常に利用されます。

絶縁型電源は非絶縁型電源より複雑ですが、それでも小型スペースに納まって高効率で動作する必要があります。マキシムのRainierシリーズの絶縁型DC-DCおよびAC-DCコンバータおよびコントローラは、より少ない部品数でより小型のソリューションサイズを実現します。マキシムの特許取得済み技術によってフィードバック経路のフォトカプラが不要になり、通常必要になる基板スペースの30%を節約し、部品数を最大50%削減します。業界をリードする特長として、以下があります。

  • 広い入力電圧範囲
  • 高効率動作
  • 小型パッケージ
  • フォトカプラ不要技術
  • 可変スイッチング周波数



絶縁型電源の開発ボード


TVS用の高効率電源

MAXREFDES1034

監視や制御などの補助機能のシステム電源用に5V出力および最大5Aの負荷電流を提供する電源リファレンスデザインです。

詳細はこちら ›

絶縁型24Vから5V 2Wフライバック電源

MAXREFDES111

産業用電源リファレンスデザインは、2W電力(0.4A)で24V入力、5V出力の高効率フライバックトポロジーを特長としています。

詳細はこちら ›


絶縁型電源のデザインリソース


設計ツールおよびソフトウェア

技術資料

アプリケーションノート:

ブログ

ビデオ


絶縁型電源の注目製品


4.5V~42V入力、超小型、高効率、絶縁型バックDC-DCコンバータ

MAX17682

最大10Wの絶縁型電力を提供し、90%以上のピーク効率と2.8µAのシャットダウン電流で消費電力を削減します。

詳細はこちら ›

60V、フォトカプラ不要の絶縁型フライバックコントローラ

MAX17690

小型、コスト効率に優れ、実装しやすい絶縁型DC-DCコントローラ

詳細はこちら ›

4.5V~42V入力、高効率、絶縁型バックDC-DC

MAX17681

最大5Wの絶縁型電源を提供、90%以上のピーク効率および0.9µAのシャットダウン電流で消費電力を低減

詳細はこちら ›