先頭に戻る

車載4チャネルTFT LCD電源、VCOMバッファ内蔵

業界初の高集積車載4チャネルTFTバイアス、I2CおよびVCOM内蔵

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 2.6
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 2
# Step-Up Outputs 2
# Inverting Outputs 1
VOUT (V) (min) -10
VOUT (V) (max) 12
Package/Pins TQFN-CU/32
Budgetary
Price (See Notes)
3.18
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Multifunction PMICs
VIN (V) (min) 2.6
VIN (V) (max) 5.5
# Step-Down Outputs 2
# Step-Up Outputs 2
# Inverting Outputs 1
VOUT (V) (min) -10
VOUT (V) (max) 12
Package/Pins TQFN-CU/32
Budgetary
Price (See Notes)
3.18

主な特長

  • 高集積
    • AVDD (同期整流ブーストによって提供):4.2V~10.5V、最大200mA
    • NAVDDインバータ出力:最大-200mA
    • VGON出力(3x安定化チャージポンプから):7.6V~20.2V、15mA
    • VGOFF (安定化チャージポンプから):-18.2V~-5.6V、最大-15mA (チャージポンプダブラー)
    • 起動時およびパワーオフ時の全レールの制御されたシーケンス
    • VCOM出力範囲:+1V~-2.49V、6.83mVステップ(MAX25221/B/C)
    • 温度測定/補償用のNTC入力(MAX25221/B/C)
  • 低EMI
    • スペクトラム拡散を備えたスイッチング周波数:420kHz/2.1MHz
  • FLTB (割込み)出力を備えたI2C制御/診断インタフェース
    • 全出力のUV診断
  • 汎用性
    • 不揮発性のAVDD/NAVDD、VGON、VGOFF、VCOMの出力電圧設定, およびシーケンス制御
    • スタンドアロン動作モードに対応(設定後)
    • 小型TQFN32パッケージ(5mm × 5mm)
  • AEC-Q100グレード1

アプリケーション/用途

  • 中央情報ディスプレイ
  • インフォテインメントディスプレイ
  • 計器クラスタ

説明

MAX25220/MAX25221/MAX25221B/MAX25221Cは4チャネルTFT LCD電源ICで、対称な正のAVDDおよび負のNAVDD電源、ならびにVGONおよびVGOFFゲート電源を提供します。さらに、グランド以上および以下の出力電圧範囲を備えたVCOMバッファおよび温度測定ブロックを内蔵しています(MAX25221/B/C)。

これらのデバイスは不揮発性メモリを内蔵しているため、デバイスの寿命にわたって全出力の値を較正することができます(最大5回)。

設定は内蔵のI2Cインタフェースを使用して実行され、これを使用して診断情報の読み取りも行うことができます。スタンドアロンモードも利用可能です。

温度センサーインタフェースブロックは、オプションで温度を測定し、VCOM出力電圧を測定された温度に応じて調整することが可能です。

MAX25220/MAX25221/MAX25221B/MAX25221CはTQFNパッケージで提供され、-40℃~125℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX25221:標準アプリケーション回路 MAX25221:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。